フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月 9日 (木)

山口周『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』光文社新書

正しく論理的・理性的に情報処理をするということは「他人と同じ正解を出す」ということでもあるわけですから、必然的に「差別化の消失」という問題を招くことになります。

論理や理性で考えてもシロクロのつかない問題については、むしろ「直感」を頼りにした方がいい。

アカウンタビリティとは要するに「言語化できる」ということだ。

イノベーションの後に発生する「パクリ合戦」における、デザインとテクノロジーの陳腐化という問題を見落としていることが多い。一方で、ストーリーや世界観はコピーできません。

「システムを相対化すること」しかありません。自分なりの「美意識」を持ち、その美意識に照らしてシステムを批判的に見ることでしか、私たちは「悪」から遠ざかるすべはないのです。

西暦で言えば5世紀くらいの時期、人物としてはアウグスティヌスやボエティウスを最後に、13世紀にロジャー・ベーコンやトマス・アクィナスといった人物が登場するまでの800年間ほど、これといった哲学者がいない「空白の時期」があるのです。

 

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック