フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 松本佐保『熱狂する「神の国」アメリカ 大統領とキリスト教』文春新書 | トップページ | 田中弘『国際会計基準の着地点-田中弘が語るIFRSの真相-』税務経理協会 »

2019年8月18日 (日)

高田直芳『財務諸表読解入門 企業の経営戦略を決算書から見抜く IFRS対応』日本実業出版社

会社法は、将来株主を利害関係者とみなしていません。

最も重要なのは、キャッシュフローには「現金収入」と「現金支出」の2種類しかないことです。

キャッシュフローは現金支出か現金収入のどちらかしかないのですから、売掛金の回収を現金収入とするならば、売掛金の発生は現金支出になるのです。

現在の貸借対照表は「当期純利益」が隠されてしまっているのが弱点です。

包括利益の存在によって、益出し効果は封印されます。

当期純利益までに限っていえば、益出し操作は有効です。ところが、包括利益までになると、益出しは当期の上昇分しか反映されないことがわかります。

財務活動キャッシュフローには、1年基準は適用されません。短期も長期も十把一絡げ。八方美人で時間軸の概念を持たないのが、財務活動キャッシュフローの問題点です。

« 松本佐保『熱狂する「神の国」アメリカ 大統領とキリスト教』文春新書 | トップページ | 田中弘『国際会計基準の着地点-田中弘が語るIFRSの真相-』税務経理協会 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松本佐保『熱狂する「神の国」アメリカ 大統領とキリスト教』文春新書 | トップページ | 田中弘『国際会計基準の着地点-田中弘が語るIFRSの真相-』税務経理協会 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック