フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 高橋芳文『儲かるお店の「すごい!」見せ方 「心地よく目立つ」ための店舗、看板、POP作りの秘訣』PHPビジネス新書 | トップページ

2020年5月24日 (日)

竹田陽一+小山雅明『儲かるお店は「見た目」で決まる ランチェスター法則式SIがわかる本』実業之日本社

共通して言えることは、成功する店舗は、経営者が自らの理念を持ち、それを何とか店舗、特に〝看板〟に表現しようと考え抜いていることだ。

新規客の入店動機を調べると、「お店を見て」が圧倒的に多い。

弱者は無駄な広告宣伝費を排除しなければならない。エリアにはエリアの特性がある。お店にはお店の特性がある。

ランチェスター法則の特徴は、商圏内の強い敵と競合しないようにターゲットとエリアを選ぶことである。

変化が激しいということは、チャンスが大きいということでもある。

重要なのは、弱みを隠そうとしないことである。

差別化を行う基本的な手法は「小さく分けていく」ことである。

誰がどこから見ても、象が象として見えるのでなければ、それは無価値に等しいものである。

店舗の魅力は「外観七割」である。

「小さな企業は小さなエリアで勝負する」エリア・マーケティングが経営の原則である。

アメリカのマーケティングにはエリア戦略がほとんどないことだ。

経営は「商品三分に売り七分」である。その商品を、どこでだれに、どうやって売っていくかというエリア戦略と、客層・営業・顧客戦略のほうが大切なのである。

フロイトもシンボルの深層心理における影響力を指摘しているところである。

魅力を高めるためには「ここはあなたのお店ですよ」というメッセージが欲しい。

 

« 高橋芳文『儲かるお店の「すごい!」見せ方 「心地よく目立つ」ための店舗、看板、POP作りの秘訣』PHPビジネス新書 | トップページ

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高橋芳文『儲かるお店の「すごい!」見せ方 「心地よく目立つ」ための店舗、看板、POP作りの秘訣』PHPビジネス新書 | トップページ

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック