フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 谷沢永一『百語百話 明日への知恵』中公新書 | トップページ | エルンスト・H・ゴンブリッチ『若い読者のための世界史ー原始から現代までー 上』中公文庫 »

2020年8月15日 (土)

岩田健太郎『99.9%が誤用の抗生物質 医者も知らないホントの話』光文社新書

副作用の発生しない抗生物質は、(残念ながら)この世の中には存在しません。

インフルエンザの治療薬、タミフル。

ウイルスとは、細菌よりも小さな微生物のことです。

抗生物質で殺せるのが細菌、殺せないのがウイルス、・・・・・

ノロウイルスはロタウイルスと違い、残念ながら有効なワクチンが開発されていません。

抗生物質はあくまでも「細菌を殺す薬」であり、基本、「細菌を殺すだけ」の薬です(ちょっと例外もありますが)。

CTは、ようするに、精度の高くなったレントゲンです。

CTのマイナス面もあります。なんといっても、放射線の問題です。

 

« 谷沢永一『百語百話 明日への知恵』中公新書 | トップページ | エルンスト・H・ゴンブリッチ『若い読者のための世界史ー原始から現代までー 上』中公文庫 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 谷沢永一『百語百話 明日への知恵』中公新書 | トップページ | エルンスト・H・ゴンブリッチ『若い読者のための世界史ー原始から現代までー 上』中公文庫 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック