フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 佐藤優『読書の技法』東洋経済新報社 | トップページ | 栗本慎一郎『ニッポンの終焉 2001年への最後の選択』講談社文庫 »

2020年9月 9日 (水)

中村うさぎ・佐藤優『死を笑う うさぎとまさると生と死と』毎日新聞社

西洋はキリスト教の社会なので、一回限りの人生しかないんです。しかし、仏教圏では輪廻転生があるので、死んでも生まれ変わります。そんな死生観が少なからずチェスや将棋のルールに関係しているとは思いますね。

科学者にとって197回と200回は違うんですよ。

男らしさ・女らしさという幻想に一番強くとらわれているのが、実はゲイなんですね。

ナショナリズムって、なんの訓練もしなくていいんです。

中世の墓の棺には「メメント・モリ」と刻んだレリーフを入れて、「自分がいつか必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句を、生きている人たちに発信していました。

『三代目襲名』・・・・・田中邦衛扮する朝鮮人が、「田岡さんについていくヨ、差別しなかったのは田岡さんだけヨ」と言って、いっしょに戦うんです。

『沖縄やくざ戦争』

その物語は、「ヨハネの黙示録」に描かれている世界ですよね。全部パトモス島でヨハネが見たまぼろしですからね。

 

« 佐藤優『読書の技法』東洋経済新報社 | トップページ | 栗本慎一郎『ニッポンの終焉 2001年への最後の選択』講談社文庫 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐藤優『読書の技法』東洋経済新報社 | トップページ | 栗本慎一郎『ニッポンの終焉 2001年への最後の選択』講談社文庫 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック