フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 南博『社会心理学入門』岩波新書 | トップページ | 矢内原忠雄『余の尊敬する人物』岩波新書 »

2021年1月15日 (金)

真下信一『思想の現代的条件ー哲学者の体験と省察ー』岩波新書

そのアイヒマンですら、彼が裁かれたイスラエルの法廷で、「トレプリンカほど恐ろしい情景を目にしたところはない」と証言した・・・・・

ルカーチによれば、両者が人間としてナチズムにどう対したかは、どちらも自身の哲学を裏切って現実にヒトラーに刃向かって出るということはなかった以上、「ほとんどどうでもよいこと」であり、・・・・・

もしも人間を完全に窒息させ滅ぼそうと思うなら、(中略)彼のやっている仕事に絶対的な無目的性と無意義性をもたせさえすればよいと、・・・

 

« 南博『社会心理学入門』岩波新書 | トップページ | 矢内原忠雄『余の尊敬する人物』岩波新書 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南博『社会心理学入門』岩波新書 | トップページ | 矢内原忠雄『余の尊敬する人物』岩波新書 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック