フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 真下信一『思想の現代的条件ー哲学者の体験と省察ー』岩波新書 | トップページ | 谷沢永一『完本 巻末御免 昭和から平成へー時代の風を斬る』PHP »

2021年1月15日 (金)

矢内原忠雄『余の尊敬する人物』岩波新書

新渡戸博士

眞の学問は筆記出来るものでない。筆記の出来る部分は滓(かす)である。眞の学問は行と行との間にある。

平民に向つて、平民の言葉を以て、平民の道を説いたのです。

かういふ人々に話をするには、自分が高いところに止つて居て、ここ迄上つて来い、ではいけない。自分の方から、彼らの水準まで下りて行つてやらねばいけない。

 

« 真下信一『思想の現代的条件ー哲学者の体験と省察ー』岩波新書 | トップページ | 谷沢永一『完本 巻末御免 昭和から平成へー時代の風を斬る』PHP »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真下信一『思想の現代的条件ー哲学者の体験と省察ー』岩波新書 | トップページ | 谷沢永一『完本 巻末御免 昭和から平成へー時代の風を斬る』PHP »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック