フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 家永三郎『革命思想の先駆者―植木枝盛の人と思想―』岩波新書 | トップページ | ロバート・グリーン他『権力に翻弄されないための48の法則 上』角川書店 »

2021年1月14日 (木)

松元雅和『平和主義とは何か 政治哲学で考える戦争と平和』中公新書

平和主義とは、暴力ではなく非暴力によって問題解決をはかろうとする姿勢のことである。

思考は、そのままではいわば不透明でぼやけている。哲学はそれを明晰にし、限界をはっきりさせねばならない(ウィトゲンシュタイン)。

戦は経験のない者には甘美だが、体験した者はそれが迫ると心底から恐怖を覚える(ピンダロス)。

「平和的手段」とは、要するに非暴力手段のことである。言葉による問題解決は、いかなる場合であれ腕力による問題解決よりも優先されるべきである。

暴力に対して暴力で応答しないことが、平和主義の真髄である。

ラッセルは、反戦平和運動に生涯を費やしたが、トルストイのような無条件平和主義者ではなかった。なぜなら、戦争の原則的禁止の例外として、ナチス・ドイツとの戦いは必要かつ正当であると考えていたからである。ヒトラーを野放しにすることの巨悪は、非暴力の貫徹を許さないほど圧倒的に大きいものだった。

難事件は悪法をつくる。

暴漢といえども一人の人間であり、その人が悔い改めるかもしない機会を永遠に奪うことは、キリスト教徒にとって罪である。トルストイは、たとえ強盗が自分の子どもに危害を加えようとしているときでさえ、その強盗を殺害することは誤っていると示唆する。

アウグスティヌスは、トルストイと同様、キリスト教の非暴力の教えに従い、私的場面においては暴力手段に訴えることが決して許されないと考える。

ガンジーは、彼が指導したインド独立運動においてはアヒンサー(非暴力)を唱えながらも、私的暴力を必ずしも否定していないからである。

愛国者というのはいつでも、その祖国のために死ぬことを語る。そしてその国のために人殺しをするとは決して言わない(ラッセル)。

『大いなる幻影』を通じて、軍事力を用いて自国の安全や繁栄を実現することなど、実はまったくの「幻影」にすぎないことを訴えた。

西部戦線異状なし・・・・・悪いのはイギリス人かもしれない。だがイギリス人を撃ちたかない。初めて見たんだ。彼らも初めてドイツ人を見たろう。彼らだって戦いたくないんだ。

そもそも本国から遠く離れた南半球の諸島がイギリス領であること自体、植民地時代の遺産であり、・・・・・

戦争プロパガンダ10の法則

ニーバーは、もともとクエーカー系の団体に所属する平和主義者であったが、ヨーロッパでナチス・ドイツが台頭していくなかで立場を転向し、逆に徹底した平和主義批判の側に回った。

何かを選ぶということは、代わりに何かを諦めるということだ。

 

« 家永三郎『革命思想の先駆者―植木枝盛の人と思想―』岩波新書 | トップページ | ロバート・グリーン他『権力に翻弄されないための48の法則 上』角川書店 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 家永三郎『革命思想の先駆者―植木枝盛の人と思想―』岩波新書 | トップページ | ロバート・グリーン他『権力に翻弄されないための48の法則 上』角川書店 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック