フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 鈴木貴博『日本経済予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方』PHPビジネス新書 | トップページ | 加護野忠男・吉村典久編『1からの経営学【第2版】』中央経済社 »

2021年11月30日 (火)

神里達博『リスクの正体ー不安の時代を生き抜くために』岩波新書

「生命」の定義にもよるが、ウイルスは生き物とはいえない。なぜなら、自力で生きていくための「細胞」を持たないからだ。そのためウイルスは、常に他の「一人前の生き物」に、どっぷり頼って暮らす。

極論すれば、全ての社会活動を停止し、人の動きを止めれば、ウイルスは次の宿主が得られず、自然消滅するだろう。

また長期的に見れば、死亡率の高い感染症は長続きしない。

言うまでもなく、OPECは石油の価格維持のためのカルテルだ。

ディープラーニングが従来と比べて優れている点は、大量のデータを学ぶことで、自力で「特徴ある何か」の存在を見つけることができる点だ。

ビットコインは、その総量が設計上、定められている。

テロは、心理的なダメージこそが本質的である。

フランスの批評家ロラン・バルトが主張したように、今やテクストの解釈は作者に独占されるものではないから、・・・・・

« 鈴木貴博『日本経済予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方』PHPビジネス新書 | トップページ | 加護野忠男・吉村典久編『1からの経営学【第2版】』中央経済社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴木貴博『日本経済予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方』PHPビジネス新書 | トップページ | 加護野忠男・吉村典久編『1からの経営学【第2版】』中央経済社 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック