フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 神里達博『リスクの正体ー不安の時代を生き抜くために』岩波新書 | トップページ | 福永雅文『世界一わかりやすいランチェスター戦略の授業』かんき出版 »

2021年12月 7日 (火)

加護野忠男・吉村典久編『1からの経営学【第2版】』中央経済社

このガバナンスとは、経営者がなす企業経営上の決定よりも上位になる概念である。

・・・・・経営学が経済学ほど体系化されていないからである。

「モノ」による捉え方は、時として、顧客が本当に求めているものを見失わせてしまうおそれがある。

「そもそも自社は顧客に対しどのような『価値』を提供しているのか」という視点から事業を捉えることが重要になってくる。

5つの競争要因・・・・・簡単に言えば、「同業者との競争が激しい上に、新参者がどんどん入ってくる。なおかつ自社の提供している製品やサービスの代わりになるものはたくさんある。くわえて、自社よりも顧客や納入業者の方が立場が強い」、こうした傾向が強ければ強いほど、その業界での競争は激しいものとなり、儲かりにくい業界になるということである。

« 神里達博『リスクの正体ー不安の時代を生き抜くために』岩波新書 | トップページ | 福永雅文『世界一わかりやすいランチェスター戦略の授業』かんき出版 »

経営学総論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神里達博『リスクの正体ー不安の時代を生き抜くために』岩波新書 | トップページ | 福永雅文『世界一わかりやすいランチェスター戦略の授業』かんき出版 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック