フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 山口揚平『企業分析力養成講座』日本実業出版社 | トップページ | 高橋芳文『儲かるお店の「すごい!」見せ方 「心地よく目立つ」ための店舗、看板、POP作りの秘訣』PHPビジネス新書 »

2022年1月11日 (火)

ジョー・ジラードwithトニー・ギブス『営業の神様』アルファポリス

人生は厄介な障害だらけだ。問題は、それを障壁ととらえるか、チャンスととらえるかなのだ。

人々が買うのは商品ではなく、人なのだ。好きな相手、問題を解決してくれると信頼できる相手を買ってくれるのだ。

規律ある習慣こそ、長い目で見て成功する唯一の方法だ。

基本的なスキルを磨くことの大切さを見くびってはならない。致命的なミスはたいていそこで起きる。

すべては規律と反復だ。それ以外に勝利への道はない。

あなたにあるものを100%出せばいい。

万全の健康状態を手に入れるための鍵は、一言でいえば規律だ。

ネガティブな連中には近づくな。そいつらは負け犬だ。

私はすべての顧客に最高の気分になってもらえるよう気を配った。顧客がオフィスに来たら、彼らにとって大切なもののことを話してもらえるようにした。仕事やキャリア、趣味、そして何よりも家族のことを。

私が絶対にしないことのひとつが、個人的な問題を職場で話すことだ。・・・・・自分の問題は自分の胸にしまっておくべきだ。悩みのない人間はいない。人生とはそういうものだ。あなたの悩みなんて誰も聞きたくないのだ。

問題は、嵐に見舞われてうずくまるしかない逆境のときなのだ。そういうときこそ姿勢が差をつける。

あなたのポジティブな姿勢が相手への素晴らしい贈り物になる。

私が常にしてきたことがある。それは会う人全員に、ポジティブで自信に満ちたイメージを示すことだ。

かつての自分は忘れろ。そこに未来はない。

ポジティブな姿勢が真に試されるのは、順風満帆のときではなく、試練のときだ。

人生に立ちふさがる壁を乗り越えるのに、ポジティブな姿勢ほど役に立つものはない。状況が悪ければ悪いほどそれが必要だ。

栄える者は友達が少ない。

成功している会社は常に前もって計画し、ごく早い段階から専門家が参加して、あらゆる工程に関与する。予想外のサプライズなどない。

好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ(孔子)。

必要なときに必要なものがすぐに見つかるか。

私は誰かの許可を待ったりしなかった。それが正しいと感じ、契約をとるのに役立つなら、リスクを負って自分の責任で判断を下すことを恐れなかった。

計画は絶えず見直し、更新しろ。

顧客を得たり失ったりすることに結びつく業務は常に優先させる。

すべては第一印象にかかっている。

殿堂入りするような人々の中にサボリ屋はいない。

どんなものであれ、ネガティブな思考を近づけてはならない。

ぱっと見の印象が悪ければ、そこで終わりだ。次の段階には進めない。

勝ち組に見えるか、負け組に見えるか。

生産性とは、一日の終わりにどれだけの金を稼げたかなのだ。

われわれの世界では、ほとんどの人が見た目ー成功者に見えるか、失敗者に見えるかーで能力を判断する。

誰かにはじめて会ったときの第一印象ほど大切なものはない。点を取りたいならまず塁に出なければならない。

男女問わず成功している人をよく観察してみれば、・・・・・ほぼ例外なく、みなひときわプロらしく有能そうに見える。

何も言うな、まずは聞くのだ。

相手に先に手の内をさらさせる。

常に観察を怠らないこと、念には念を入れること。結論に飛びつかないこと。

顧客が買うのは、何よりもまずあなたなのだ。

聞き、考え、それから話せ。

本物の笑顔になれないなら、笑わないほうがいい。相手には必ずばれてしまう。

あなたが入ってくると、部屋がぱっと明るくなる、そういう人物になることが目標だ。

私は一台の車を売ろうとしていたのではない。生涯のお得意さんをつくろうとしていたのだ。

本当の営業は売ったときから始まる。・・・・・顧客を失うのは、たいてい売った後だ。

既存の顧客こそ何よりも大切な資産であり、一番に優先させるべきだからだ。

ボスはひとりしかいない。それは顧客だ。顧客はただよそに金を落とすだけで、会長以下の会社員をクビにできる。

毎月「好きです」と言われ続けているから忘れられないのだ。

顧客のためにする小さなことの積み重ねが大きな差を生む。

お買い上げいただいたトラックの保証期間は切れていますが、あなたを喜ばせようとする私の情熱に期限切れはありません。

顧客との連絡を絶やさないというのは、ただ言葉をかけることではない。死ぬまで面倒を見るということだ。

私の人生には祖母と母と妻がいた。彼女たちは、私が価値のある人間だと言い続けてくれた。

人とのやりとりにおいてたいていのミスが起きるのは、最初であって最後ではない。

ただのオイル交換であっても、すべての顧客の来店が特別なのだ。

私はその自らの出自を決して忘れない。

必要なのはずばりと言ってくれる人だ。本当のことを言ってくれるのは本物の友だけだ。

人生でどんなことをしたかと尋ねられたとき、振り返って笑みを浮かべ、「できることはすべてやりつくしました」と言えたら素晴らしいと思わないだろうか。

この世に失敗などというものはない。成功と、諦めること、それだけしかないのだ。

意識あるかぎり自分をコントロールしろ。

 

« 山口揚平『企業分析力養成講座』日本実業出版社 | トップページ | 高橋芳文『儲かるお店の「すごい!」見せ方 「心地よく目立つ」ための店舗、看板、POP作りの秘訣』PHPビジネス新書 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 山口揚平『企業分析力養成講座』日本実業出版社 | トップページ | 高橋芳文『儲かるお店の「すごい!」見せ方 「心地よく目立つ」ための店舗、看板、POP作りの秘訣』PHPビジネス新書 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック