フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 池上彰『速すぎるニュースをゆっくり解説します』文春文庫 | トップページ | 佐々淳行『平時の指揮官 有事の指揮官 あなたは部下に見られている』文春文庫 »

2022年7月12日 (火)

竹村公太郎『日本史の謎は「地形」で解ける』PHP文庫

江戸は手に負えないほど劣悪で、希望のない土地だった。

関東平野は縄文時代には海の下だった。

関ヶ原の戦いは、形式上、家康が石田三成という反乱軍を征伐したに過ぎなかった。

風水での鬼門は東北の方角といわれている。

信長にとっても、逢坂は恐ろしい鬼門であった。

平家は壇ノ浦の戦いで壊滅しており、・・・・・

鎌倉は狭い、いや異常に狭すぎる。

家康は信長に学び、秀吉に学び、さらに、この頼朝にも学んでいる。頼朝に学んだものは、権威と権力の分離であった。

日本人は家畜を去勢しなかった(梅棹忠夫)。

牛馬に去勢を施さない日本人の文化が、1000年の車文明の空白と道路の未整備の原因となった。

牛車群と騎馬軍団が活躍できるのは、縦横無尽に走り回る大地があっての話だ。

江戸の飲み水が玉川上水だったことはよく知られている。

他人とは、情報を共有していない人を指す。仲間とは、情報を共有している人々をいう。アイデンティティーとは、それほど難しい概念ではない。情報を共有する仲間への「帰属意識」がアイデンティティーである。

その日本人のアイデンティティーを醸成した下部構造は、モノを運び、情報を運んだ「船」であった。

交流軸の都市は栄える(宮崎市定)。

 

« 池上彰『速すぎるニュースをゆっくり解説します』文春文庫 | トップページ | 佐々淳行『平時の指揮官 有事の指揮官 あなたは部下に見られている』文春文庫 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池上彰『速すぎるニュースをゆっくり解説します』文春文庫 | トップページ | 佐々淳行『平時の指揮官 有事の指揮官 あなたは部下に見られている』文春文庫 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック