フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 福田宏年『時刻表地図から消えた町』集英社文庫 | トップページ | 佐藤和孝『タリバンの眼 戦場で考えた』PHP新書 »

2022年8月15日 (月)

小山昇『利益を最大にする最強の経営計画』KADOKAWA

たとえデタラメであっても、数字と期日を紙に書くと、それに向かって走りはじめます。

口約束は守られない。紙に書かなければ、人は実行しない。

電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも、夏が暑いのも、冬が寒いのも、小山昇の責任である。

経営は、「目先」のことにとらわれずに、「長期的な視点で、どうすれば利益が出るか」を考えることです。

現状に甘んじることなく、変化し続けることが会社の定めであり、社長の務めです。

25%の法則

経営計画は、時代やお客様の都合に合わせ、「どんどん、つくり変える」のが正しい。

私は、毎年、「長期事業構想書」を書き換えています。

付加価値とは、商品に「ラブストーリー」をつけることです。

人件費などの経費を変えずに利益を増やすことを「増分売上」といいます。

鉄砲は売らない、弾を売る。鉄砲は単価が高いものの、一度買ったらおしまいです。壊れるまで次を買うことはありません。しかし、弾は消耗品です。

迷っているなら、やめなさい。

遊びも仕事も、「狭く・深く」が基本です。

強制しないものに、教育という言葉を使ってはいけない。

« 福田宏年『時刻表地図から消えた町』集英社文庫 | トップページ | 佐藤和孝『タリバンの眼 戦場で考えた』PHP新書 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福田宏年『時刻表地図から消えた町』集英社文庫 | トップページ | 佐藤和孝『タリバンの眼 戦場で考えた』PHP新書 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック