フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 東浩紀『忘却にあらがう 平成から令和へ』朝日新聞出版 | トップページ | 岩田温『偽善者の見破り方 リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る』イースト・プレス »

2022年11月29日 (火)

猪瀬直樹『言葉の力「作家の視点」で国をつくる』中公新書ラクレ

本イコール他者だからだ。

ファティックとは、どうでもいいような会話をつづけながら、人と人をつなぎ合わせる行為のことである。

左翼や右翼の言葉は、つまるところアジテーションであり、壮大な言葉を使っているようでいて、実際には中身がないところは等価なのである。

大言壮語の論理構成を検証すると、すべて「AはAである」と盛んに繰り返すところに特徴がある。だから感動が生まれない。これに対して、作家の太宰治や三島由紀夫の言葉は逆説や比喩に富んでおり、「Aでありながら、つねにBでもあった」と展開するから、印象深いのである。

夏目漱石は、『こころ』のなかで、「滅びるよ」と見えているなら、「何をしたら滅びないか」何か具体的な提案をしなければいけません。

 

« 東浩紀『忘却にあらがう 平成から令和へ』朝日新聞出版 | トップページ | 岩田温『偽善者の見破り方 リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る』イースト・プレス »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東浩紀『忘却にあらがう 平成から令和へ』朝日新聞出版 | トップページ | 岩田温『偽善者の見破り方 リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る』イースト・プレス »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック