フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 高橋昌一郎『自己分析論』光文社新書 | トップページ | 栢野克己『小さな会社の稼ぐ技術 竹田式ランチェスター経営「弱者の戦略」の徹底活用法』日経BP社 »

2023年1月19日 (木)

マルクス・ガブリエル他『未来への大分岐 資本主義の終わりか、人間の終焉か?』集英社新書

ルイ・ナポレオンとトランプに共通するのは、偉大な過去に対する人々のノスタルジーです。

日本には、欧米にあるような産業別組合がなく、企業別組合があるだけです。

マルクスは資本主義の時代の成果であるテクノロジーの重要性を強調しています。

概念を扱う哲学がなぜ役に立つのか。

ハーバーマスが指摘しているように、ニーチェなしには、1968年の運動はうまくいかなかったのです。

シュミットは、国家社会主義者の法的基礎であり、法学者ですよ。どうやって、左派の味方になりえるんですか。

ハーバーマスの理論には存在論がありません。ハーバーマスには、実在性の事実構造についての理論がないのです。

ウーバーやAirbnbといった新しい企業は、熟練を要する仕事をまったく生み出しません。

インターネットを通じて単発の仕事を発注するギグ・エコノミーが大きな問題となっていますよね。

インターネット上の匿名性を根絶することです。・・・・・民主主義において匿名になることは許されないのです。

 

« 高橋昌一郎『自己分析論』光文社新書 | トップページ | 栢野克己『小さな会社の稼ぐ技術 竹田式ランチェスター経営「弱者の戦略」の徹底活用法』日経BP社 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高橋昌一郎『自己分析論』光文社新書 | トップページ | 栢野克己『小さな会社の稼ぐ技術 竹田式ランチェスター経営「弱者の戦略」の徹底活用法』日経BP社 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック