フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 青木雄二『ボロ儲け経済学 ゼニのカラクリ明かします』知恵の森文庫 | トップページ | 蟹江憲史『SDGs(持続可能な開発目標)』中公新書 »

2023年2月21日 (火)

金田信一郎『失敗の研究 巨大組織が崩れるとき』日経ビジネス文庫

巨大な組織ほど腐っていないか。

記者の価値は、駆け抜けた距離に比例するんだ。

いい女には貸せ。そういう鉄則があった。返せなくなっても、必ず代返(代わりに返済すること)する男が現れる。女を囲いたいからね。

自分より強そうなヤツには貸すな。

挨拶できない人もいます。やっぱりそういう人は限界があるんですね。

生活に困窮して不安に襲われると、自ら権力支配の中に飛び込み、従属してしまう。

社会にとっていいことだから、それで倒れたら仕方がないじゃないか。

経済の激変期にさしかかっても、多くの人々は平穏に生きることを望んでいる。しかし、誰かが激動の狭間にもがき苦しみながら、次の時代に橋を架けなければならない。わずかな成功者は歴史に名を刻み、多くはその溝に落ちていく。だが、そうした人々の挑戦と失敗がなければ、歴史は前に動かない。

« 青木雄二『ボロ儲け経済学 ゼニのカラクリ明かします』知恵の森文庫 | トップページ | 蟹江憲史『SDGs(持続可能な開発目標)』中公新書 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青木雄二『ボロ儲け経済学 ゼニのカラクリ明かします』知恵の森文庫 | トップページ | 蟹江憲史『SDGs(持続可能な開発目標)』中公新書 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック