フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 橋下徹・木村草太『対話からはじまる憲法』河出文庫 | トップページ | 大竹文雄『行動経済学の処方箋 働き方から日常生活の悩みまで』中公新書 »

2023年2月 4日 (土)

大澤真幸『この世界の問い方 普遍的な正義と資本主義の行方』朝日新書

混乱や無秩序は、常に悪いわけではない。人は、それらに希望を見出すこともある。極端なケースは、革命の最中である。既存の秩序が崩壊し、カオスが出現しているときこそ、革命の成功の可能性は高まる。

ロシアをヨーロッパであるとする、その根拠はどこにあるのか。それは、ロシアが、キリスト教を受け入れた国だからである。ヨーロッパ的なるものの中心には、キリスト教がある。

中国でいう愛国とは、現在の「皇帝」に相当する中国共産党を肯定し、支持することを意味する。

法の支配とは、最高の権力者でさえも法に拘束される、という意味である。

大躍進政策は、失敗であっても、目標は(一応)はっきりしていた。文革は、しかし、目標すらはっきりしない。何のための革命だったのか。

なぜ、わざわざ「持続可能性」ということが目標とされなくてはならないのか。誰もが、普通にこのままシステムを運営していけば、持続できないこと、破局に至ることを知っているからだ。

しかし、同時にヘーゲルには明らかに反ユダヤ主義がある。

« 橋下徹・木村草太『対話からはじまる憲法』河出文庫 | トップページ | 大竹文雄『行動経済学の処方箋 働き方から日常生活の悩みまで』中公新書 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 橋下徹・木村草太『対話からはじまる憲法』河出文庫 | トップページ | 大竹文雄『行動経済学の処方箋 働き方から日常生活の悩みまで』中公新書 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック