フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 野口悠紀雄『2040年の日本』幻冬舎新書 | トップページ | 文藝春秋編『世界史の新常識』文春新書 »

2024年1月20日 (土)

酒井光雄編著『全史×成功事例で読む「マーケティング」大全』かんき出版

フォードの販売力とは、ディーラー網を築き、全国で販売と修理ができる体制を整えたことにある。

GMはクルマが買い換え時期に入った点を見逃さず、多彩な車種やボディカラー、割賦販売制度などのさまざまな施策を展開する。

市場(Market)は絶えず進化(ing)していくと命名した発送は、今も変わらずマーケティングの本質を言い当てている。

「選択と集中」も、実はプロダクト・ポートフォリオから始まった概念だ。

従業員満足度と顧客満足度は、相互に影響し合って成立しているのだ。

顧客にロイヤリティがあるかどうかは、「他者に推奨してくれる」「新規顧客を紹介してくる」という2点を調べれば容易に判断できる。

米国ではAIDMよりも評価されているAIDAの概念。

日本のモノづくりの強さは、国内ですべて製造できるメーカー同士のネットワーク網にあった。

https://amzn.to/3v2KAU8

« 野口悠紀雄『2040年の日本』幻冬舎新書 | トップページ | 文藝春秋編『世界史の新常識』文春新書 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野口悠紀雄『2040年の日本』幻冬舎新書 | トップページ | 文藝春秋編『世界史の新常識』文春新書 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック