フォト
無料ブログはココログ

amazon

経営戦略

2017年2月13日 (月)

沼上幹『ゼロからの経営戦略』ミネルヴァ書房

ホワイトヘッドが言うように、何かを学ぶにはまず初めにロマンスが必要である。

「ファミリーレストラン」というのは、すかいらーく横川兄弟が作った言葉である。

伊丹敬之は、「経営」とはつまるところ「他の人に仕事をしてらうこと」だと指摘している。

クリステンセンのフレームワークは優れた理論である。優れた理論は、その一つでさまざまな事象の解明に援用可能である。

 

2017年1月19日 (木)

栢野克己『小さな会社の稼ぐ技術 竹田式ランチェスター経営「弱者の戦略」の徹底活用法』日経BP社

僕がみなさんに伝えたいことを一枚で示すと、ランチェスターの法則と孫子の兵法です(孫正義)。

商売には成功する正しいやり方がある(岩田芳弘社長)。

自分の会社の商品やサービスを選んでもらえるようになるためには、自社の「商品・地域・客層」を、「自社・顧客・競争相手」の3方向から客観的に分析し、「自社が勝てる部分=顧客から選ばれるポジション」はどこかを知る必要があります。

昔から「中小企業と屏風は広げると倒れる」と言われます。

人には無限の可能性がある。でも、たった1つしか選べない(河原成美社長)。

その業界の中で単価が低く、カッコ悪く、手作り・面倒くさい系の仕事はないか、という視点でもう一度見回してみてください。

やずやは通信販売を昔から通心販売と言っていますが、・・・・・

健康を売りにする商品は、プラセボ効果を含め、商品そのものの成分や効能以外に、電話での会話やハガキなど、まさに接客サービスが大事な商品なんですね。

ニトリの社長でさえ、経営コンサルタントの渥美俊一さんとの出逢いで人生が変わったとテレビや新聞で激白していました。

 

2016年11月30日 (水)

原田勉『イノベーションを巻き起こす「ダイナミック組織」戦略』日本実業出版社

競争優位とは、競合他社と比較した超過利益率のことを意味する。理論的には、「価格-コスト」という基本利益単位において比較対象となるべき競合他社よりも上回っている場合、その企業は競争優位を獲得していることになる。

ポーターは競争優位をabove average returnsと言い換えている。すなわち、平均的な利益率を上回ることを指す。したがって、市場シェアや売上額、利益額などは競争優位を示す指標にはならない。

ポーターの競争戦略論は、時間割引率がきわめて高い企業ないしはその利害関係者にとっては、非常に有益なフレームワークとなる。

企業組織は明らかに機能集団でありゲゼルシャフトである。

家族は目的を達成するための手段でもなければ利害関係のみから構成されるものでもない。そこでは目的達成ではなく、一体感、帰属意識が重視されるのである。テンニースはこのような共同体を「ゲマインシャフト」と名づけた。

欧米社会では、企業とはゲゼルシャフトであり、ゲマインシャフト、すなわち共同体ではない。

米国では共同体は家族であって、所属する企業はゲゼルシャフトであり生活の手段にすぎない。それとは対照的に日本では、家族だけではなく企業もまた共同体であり、ビジネスパーソンは二つの共同体に属していることになる。

整理とは「捨てること=戦略」であり、整頓とは「そろえること=戦術」だという。したがって、モノの整理整頓は、業務の客観的かつ体系的な把握や業務マネジメントへとつながっていく。

イノベーションは偶然の結果として生じた場合が大半だということだ。

イノベーション戦略は、行動の範囲、すなわちドメインを規定するものであり、行動の中身に言及するものではない。

2016年7月 6日 (水)

長沢朋哉『<新版>世界一シンプルな「戦略」の本』PHPビジネス新書

プランニングとはあるべき姿を想定し、そこに行きつく手立て(方法)を論理的に体系づけ、戦略的に選択すること

複数の識者が、「戦略の構成要素」として、「現在地+ゴール+そこに行く方法」という3要素をあげており、・・・

具体的で明快な「目的設定」が戦略立案の重要なカギになります。

「目的」が具体的だとエッジの効いた「手段=アイデア」が生まれやすい

「集中」とは選ばなかったものを捨てることです。

「目的」に対応する「手段」も「選択」し、「集中」することが大切です。

戦略の明文化とは「○○○を目的として□□□をすることです」という構文で戦略を定義することです。

「論理的」であるとは結論・主張が明快でその理由と話の筋道が分かりやすいということです。

「論理」が組み立てられないときには、「逆から考えてみる」ことでうまくいくことがあります。

「フレームワーク」は「目的」ではなく、あくまでも「手段」

2016年4月15日 (金)

瀧本哲史『戦略がすべて』新潮新書

 「コモディティ化」とは、特定のジャンルにおいて、どの商品の品質も同じように高まると、顧客にとって代わり映えしなくなってしまう状態を指す。

多くの産業で、大企業と中小企業で資本生産性はそれほど変わらず、差がつくのは資本装備率なのだ。

従業員の給与は、付加価値額に労働分配率をかけたもので決まる。

元「○○」の個人の活躍が目立つようになったら、その出身母体の企業はすでにピークアウトしていると考えてまず間違いない。

自分が属する業界のことを知りつくし、かつ、新しい仕組みについてのアイディアを持てば、起業は成功する確率が高い。

GEのジャック・ウェルチが最も力を入れたプロジェクトが、クロトンビルの研修所

ドイツのレクラム文庫を範にした岩波文庫

マーケティングの最先端の世界では文化人類学のアプローチが消費者理解に活用されている。

MITでは、地雷除去ロボットが掃除機になった。

「最強の軍隊はアメリカ人の将軍、ドイツ人の将校、日本人の下士官と兵だ。最弱の軍隊は中国人の将軍、日本人の参謀、ロシア人の将校、イタリア人の兵だ」というジョークがある。

2015年12月27日 (日)

山田修『間違いだらけのビジネス戦略』クロスメディア・パブリッシング

「コストリーダーシップ戦略」を取っているのはニトリとイケアであり、「差別化戦略」はカッシーナ・イクスシーだろう。

同族企業のことを、経営学では「ファミリー・ビジネス」と呼ぶ。

「世界で一番美しい村」といわれるモンテフォリオ

「再生経営者は最初の6カ月が勝負」というのが私の経験則であり、・・・

2015年11月29日 (日)

日本経済新聞社編『戦略・マーケティングの名著を読む』日本経済新聞出版社

製造はバリューチェーンの中でも差がつきにくい領域であり、後発企業に追いつかれる危険性が高いということを認識すべきです。

寄せ集めの戦略は間違った戦略であることの最たる例です。

ルメルトの言う4つの陥りやすい罠を再確認しておきましょう。

  1. 空疎である
  2. 重大な問題に取り組まない
  3. 目標を戦略ととりちがえている
  4. 間違った戦略目標を掲げている

失敗について、おそらく1冊分の本がかけるだろう(クロック)。

1人の死は悲劇だ。しかし100万人の死は、統計上の数字にすぎない(スターリン)。

炭鉱のカナリア

2015年9月12日 (土)

稲田賢次他『経営戦略を学ぶ』創成社

Ⅰ 経営戦略とは何か?

Ⅱ 自社の取り巻く環境を分析し、事業領域を設定するには?・・・環境分析、ドメインと事業定義(3C分析、SWOT分析)

Ⅲ 競合企業とどのように差別化し、競争優位性を獲得していくのか?・・・競争戦略、市場地位別戦略(ファイブ・フォース)

Ⅳ 企業が成長していくために取るべき戦略、仕組み、法則とは?・・・成長戦略、事業システム、製品ライフサイクル(アンゾフ、バリューチェーン

Ⅴ 経営資源を活用し、いかに能力を高めるのか? またどのように経営資源を配分、展開させるのか?・・・(PPM、コア・コンピタンス)

Ⅵ 経営戦略と組織との関係とは? 戦略を決める経営者のリーダーシップとは?

2015年8月12日 (水)

山田修『本当に使える経営戦略・使えない経営戦略 9割の経営者が勘違いしている!』ぱる出版

マッキンゼー社のように経営戦略を専門分野としているコンサルティング会社のことを「戦略ブティック」と呼ぶことがあります。戦略ブティックでは自社のエクセレンスを誇示するために、専門書や啓蒙書、あるいはコンサルティング技法を活発に発表しています。

柳井社長は復帰してからは、太閤秀吉の途を歩んでいる。

富士フイルムのようにそれまでの本業(銀塩フィルム)の分野から大きく離れて多角化や業態換えをすることを、「転地セオリー」とこのごろの経営学者が名付けています。

経営戦略の立案というのは、企業の盛衰を決定する重要な行動なので、経営責任者自身あるいは少なくとも経営者を中心とした少数のマネジャーたちによって立案されなければなりません。

顧客満足度最大化戦略がいつも絶対ではない。

シャープの場合は、顧客満足戦略は企業戦略の中で大した意味を持ち得なかった、と言わざるを得ません。シャープの苦境を招いたのは主要製品の選択戦略、投資戦略、撤退戦略の不調・不出動などによるものといえます。

「走りながら考える」という戦略立案を「創発的戦略」

私に言わせれば、ブルー・オーシャン戦略というのは初めから論理破綻したセオリーです。

特に「不」のつく言葉を探せ

フレームワークの要件

  1. 有用性がある
  2. 図示できる
  3. 語呂合わせができる
  4. 権威づけができる
  5. 認知限界の範囲でおさまる

マッキンゼーとA・T・カーニーは、奇しくも同じ年1926年に設立されています。

PPMはですから「金のなる木」プロジェクトが出してくれるキャッシュを「問題児」に廻して「花形」に育てろ、という事業入れ替え戦略なのです。

実際マッキンゼーがGEのために開発したのがPIMS(Profit Impact  of Market Strategies:市場戦略の収益影響度分析)という手法です。別名を、GEグリッドとか、GEのビジネス・スクリーンとも呼ばれます。

コスト・リーダーシップ戦略→プライス・リーダーシップ戦略

経営セオリーには流行りがある。

ジャック・ウェルチにも影響を与えたのがモルトケでした。

欧米由来の経営戦略セオリーというのは、実は皆―あるいは殆ど―「世界制覇戦略」なわけです。

近年の欧米の経営学では、ひとつの論文でできるだけ多くの会社事例をカバーする統計分析の手法が完全な主流となっています。

フレームワークは分析ツール、戦略ではない。

経営戦略の時間枠は3年

中期経営計画を策定している会社では、毎年それを見直して「次の3年」の計画を立て直すところもあります。このやり方を「ローリング改訂」と呼びます。

2015年7月24日 (金)

リチャード・P・ルメルト『良い戦略 悪い戦略』日本経済新聞出版社

必要なのは目前の状況に潜む一つか二つの決定的な要素―すなわち、こちらの打つ手の効果が一気に高まるようなポイントをみきわめ、そこに狙いを絞り、手持ちのリソースと行動を集中すること、これに尽きる。

戦略策定の肝は、つねに同じである。直面する状況の中から死活的に重要な要素を見つける。そして、企業であればそこに経営資源、すなわち、ヒト、モノ、カネそして行動を集中させる方法を考えることである。

「いま何をすべきか」がはっきりと実現可能な形で示されていない戦略は、欠陥品と言わざるを得ない。

「実行面に問題がある」と嘆く経営者は、たいていは戦略と目標設定を混同している。

戦略とは、組織が前に進むにはどうしたらよいかを示すものである。戦略を立てるとは、組織にとって良いこと、好ましいことをどうやって実現するかを考えることである。

戦略の基本は、最も弱いところにこちらの最大の強みをぶつけること、別の言い方をするなら、最も効果の上がりそうなところに最強の武器を投じることである。

本物の専門知識や知見の特徴は、複雑なことをわかりやすく説明できることになる。これに対して悪い戦略の特徴は、わかりきったことを必要以上に複雑に見せかける。中身のないことを厚化粧で覆い隠しているのである。

国防総省も独立空軍も中央情報局(CIA)も国家安全保障会議(NSC)も、北大西洋条約機構(NATO)も、じつはアイゼンハワー時代に新たにつくられたものである。

良い戦略は、十分な根拠に立脚したしっかりした基本構造を持っており、一貫した行動に直結する。

良い戦略とは「何をやるか」を示すだけでなく、「なぜやるのか」「どうやるのか」を示すものであるべきだ。

人類史上最も壮大な社会実験を通じて二〇世紀が残した教訓の一つは、中央統制型経済はおそろしく非効率だ、ということである。

有能なストラテジストがやっていることは決定ではなく設計であり、選択肢の中から選ぶのではなく自らデザインしている。

戦略的リソースと言えるのは、その会社が長い時間をかけて築き上げたり、独自の手法で創造したり発見したりした息の長いリソースであり、他社にはおいそれとまねのできないものである。

古典的な軍事戦略では、防御側は高地をとるのがよいとされている。

慣性とエントロピーは、戦略にとって重要な意味を持つ。

組織にとって最大の問題は外からやってくる脅威ではなく、身の内にあるエントロピーと慣性である。

どんなによくできた戦略も、組織に根を下ろした文化に阻まれたら役に立たないという苦い教訓を私は学んだ。

良い戦略とは、こうすればうまくいくはずだ、という仮説にほかならない。

アダム・スミスは、ブリティッシュ・コーヒーハウス(ロンドンに住むスコットランド人思想家のたまり場だった)で『国富論』を書きあげた

重要であって、かつ実行可能なことのリストを作るように、とテイラーは助言したのである。

戦略的になるということは、近視眼的傾向を克服することである。

あくまでも事実に基づいて、産業構造やトレンド、競争相手の行動や反応、自社の能力やリソースを観察し、自分の先入観や思い込みをなくしていく。そう、戦略的であるとは、近視眼的だった自分から脱皮することだと言えよう。

良い戦略とは「一点豪華主義」

株価には将来の予想利益が織り込まれている、とは昔から言われてきたことである。

戦略策定の要諦はカーネル(診断、基本方針、行動)にあり。

気に入った箇所には小さなスマイルマークを書き込んでくれたものである。

マーシャルプランの落とし子である経済協力開発機構(OECD)

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック