フォト
無料ブログはココログ

amazon

読書論

2021年1月16日 (土)

宮崎哲弥編著『人権を疑え!』洋泉社

死刑は確かに犯罪抑止力になっているのだ、釣り合わないほど重い場合には。こんなゴミのような奴らを殺して自分が死刑になってはバカらしいと、日垣は思いとどまったのである。

それならば、これは危険なケモノとして、監禁するか、射殺しなければならない。殺人者をヒトとみなすか、人間とみなすか、二者択一でなければならない。・・・・・人間でなければどういう扱いを受けるか、子どもにしっかり教えてやることが必要である。・・・・・この少年は人間になりそこねたために、人間世界のことがまったくわかっていないのである。

 

2021年1月15日 (金)

谷沢永一『完本 巻末御免 昭和から平成へー時代の風を斬る』PHP

一人の少年が殺人鬼になった理由は、ひとえに彼の特異な性格の発露なのだ。これは教育方針と全く関係のない突発事件である。

コーランは検討し批判する文献学的思考を禁じているから、イスラム教に侵されている広大な地域から、文化の発生する可能性はない。

帝国海軍の軍艦は主として我が国の山を名とした。

古事記については岡田英弘(『倭国の時代』)が徹底した文献考証によって、序文は後世の捏造であり、本文は日本書紀より百年後の述作であるから、日本古代史の研究には役に立たぬと論定した。

日本書紀が真実の史書に非ずして八世紀の政治状況に即応するための創作編集であった事実が明らかになりつつある。

 

矢内原忠雄『余の尊敬する人物』岩波新書

新渡戸博士

眞の学問は筆記出来るものでない。筆記の出来る部分は滓(かす)である。眞の学問は行と行との間にある。

平民に向つて、平民の言葉を以て、平民の道を説いたのです。

かういふ人々に話をするには、自分が高いところに止つて居て、ここ迄上つて来い、ではいけない。自分の方から、彼らの水準まで下りて行つてやらねばいけない。

 

2021年1月14日 (木)

上野千鶴子他『ドイツの見えない壁』岩波新書

トロツキーにならって、「裏切られた革命」とよびたくなるくらいである。

激動のなかに投げ込まれたのは、東の人々だった。

「ベルリンはドイツではない」といわれるほど、ドイツでは大都市と地方の差が大きい。

西ドイツ連邦議会の政治のなされ方は、とてもシニカルだと思います。政党政治そのものですよ。政党だけを中心に動いていて、国民のことなんか考えていない。

ドイツでは東西を問わず、地方自治の伝統が根強い。連邦主義とは、各州の自治を尊重しながら、ゆるやかな連帯を結ぶ考え方である。

統一後、東の女性たちが経験しているもっとも深刻な危機は失業だと、ほとんどの人は口をそろえる。

東の女性は三重に差別されています。第一に労働市場における〝二流市民〟として、第二に女として、第三に東の市民として。

女性が愛の名のもとに想像しているものが、主に感情的な面での要求であるのに対し、男性はどちらかというと性関係と実際的な生活の面での要求を考えている。

統一後、社会問題はあきらかに増えました。自由?お金のある人にとってはね。

89年11月の突然の「壁」の崩壊は、これ以上放置すると政権転覆にいたりかねない内圧の高まりを、外に放出するためのホーネッカー政権の苦肉の選択だった。

 

2021年1月12日 (火)

樋口康彦『崖っぷち高齢独身者 30代.40代の結婚活動入門』光文社新書

「性格重視」というのは、外見の良い人の中から、思いやりのある人、自分と波長の合う人を選びたいという意味であって、性格さえ良ければ外見が悪くてもOKという意味では決してない。

ルックスの好みというフィルターを通り抜けた者だけが、ほかの条件を吟味してもらえる。恋愛や結婚において、外見とはそれほど大きな要因である。

たとえお医者さんや弁護士さんでも、低身長では相手にしてくれる女性がきわめて少ないからだ。

 

井上久男『日産 VS. ゴーン 支配と暗闇の20年』文春新書

経営数字のマジックの陰で、ゴーンはイエスマンを寵愛し、意見をする部下を切り捨てていった。

ルノーは日産からの配当や最新技術の提供がなければやっていけないほど、経営体力も商品開発力も低下している。

ルノー・日産BVは日産の連結決算対象の子会社ではないため、・・・・・

20世紀はクルマを自国で、かつ自前の力で造ることができて初めて一流国と言われた時代であった。なぜなら、鉄鋼、化学、機械、電機といったあらゆる分野の技術を融合させなければクルマはできないからだ。

鮎川は、自分が産み落とした会社の社名に人の名を付けることもせず、日産自動車に子息を入れなかった。だから日産には創業家出身者が在籍せず、サラリーマンが歴代トップを務める会社となった。

日産でたびたび派閥抗争が起こったのは、創業家以外でもトップの社長になれるからであった。

ゴーンのこれまでのキャリアを振り返ると、タイヤメーカーのミシュラン、そしてルノーにおいて、非常時の「再建屋」としての経験こそ豊富だが、日産のようなグローバルな巨大企業を安定成長に導いた経験はない。

 

養老孟司『死の壁』新潮新書

宇宙ロケットは非常に複雑に見えて実は極めて単純なシステムです。

もともとギムナジウムという言葉は「裸」を意味していたのです。

結婚式よりも葬式のほうが「主役」の個性は出ます。

塩・・・・・相手を「穢れ」として見ているからこそ、清めなくてはいけないのです。・・・・・「死んだ奴は我々の仲間ではない」というルールを暗に示しているのです。

結合双生児・・・・・日本に少ないとすれば、ここでも間引きが行われている可能性は否定できません。

第一次大戦には、ヨーロッパが二十世紀になって最初に都市化したときに発生した余剰人口を片付けるという意味があったのではないでしょうか。

全共闘運動の発火点は日大というマンモス大学でした。

クラウゼヴィッツが『戦争論』で書いている通り、戦争に外交の手段という側面は間違いなく存在しているのです。

自殺・・・・・どうせ死ぬんだから慌てるんじゃねえ

 

2020年12月22日 (火)

ジェローム・デュアメル『世界毒舌大辞典』大修館書店

幸福であるだけでは十分でない。他人が不幸でなければならない。

血によって結ばれ金銭の問題で不和になった人々の集団を家族と呼ぶ。

女性はひざを閉じるのにヘラクレスのようなばか力をもっている。

どうして魅力的な女はいつもくだらない男と結婚するのか。なぜなら頭のいい男は魅力的な女とは結婚しないからだ。

頭のいい男は良い夫ではありえない、なぜなら彼らは結婚しないから。

他人の悲劇はつねにうんざりするほど月並である。

貧乏は馬鹿は貧乏人だ。金持ちの馬鹿は金持ちだ。

殉教は、才能のないものが有名になる唯一の手段である。

しかし天地創造の前には神はいったい何をしていたのか。

 

2020年12月21日 (月)

福田和也『大丈夫な日本』文春新書

第一次世界大戦前にはスポーツに熱狂するという文化はなかった・・・・・

ルイス・フロイスは、秀吉の朝鮮出兵の意味を、豊臣政権に反旗をひるがえす可能性のあるものを、すべて彼の地へ送り出すことだった、とその手紙のなかで断言しています。

同書には、民族間の大虐殺がおこなわれたルワンダの問題も、人口圧力と人為的な環境破壊が遠因としてあげられているのですが、・・・・・

孟子は、仁政をせず大義を踏みはずした君主は倒されてもしかたがない、という革命思想のもち主でしたから、・・・・・

吉田松陰の革命原理も孟子からきています。

小林一茶が本居宣長の愛読者だったことを、・・・・・

第一次世界大戦の、本当の原因はふたつ。ナショナリズムと経済覇権です。

第一次世界大戦以前の戦争というものは、一部のプロがやるものでした。

シェイクスピアの歴史劇のほとんどが百年戦争とその延長である薔薇戦争をテーマにしています。

 

2020年9月15日 (火)

谷沢永一『400字で読み解く 明快 人間史』海竜社

我が国は古代から個人主義であった。

世界の宗教で最も経典の多いのは仏教である。

世に中立的な歴史は、金輪際ありえない。

孟子の本領は、・・・・・争気の強すぎる押し付け気味には、いささか辟易せざるを得ない。

ウェーバーの発生論は、西ヨーロッパに限っての現象である.

 

より以前の記事一覧

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック