フォト
無料ブログはココログ

amazon

読書論

2022年8月27日 (土)

佐藤和孝『タリバンの眼 戦場で考えた』PHP新書

中東は100年前の日本と同じ。

今回のタリバン政権が1996年と異なるのは、幹部がメディアに顔を出すようになったことだ。

第二次政権のタリバンは前回の反省からか、発信・宣伝の重要性を認識するようになったのである。

近付いて付き合わないと相手の本性が見えないのは、どの国のいかなる集団でも同じ。

タリバンもまた一人の人間であり、理由なく殺害に走ることはありえない。

ただし日本の自民党と比べたら、タリバンのほうがはるかに呉越同舟で分裂している。

アルカイダから派生したのが、ISである。

アフガニスタンではどうしても欲望が先に立ってしまう。

パキスタンとアフガニスタンの国境は、地政学上の要衝である。

インフラと借款債務によって相手国を雁字搦めにする手法は、現在の中国とほぼ同じといってよい。

テロリストになるのも、ほかに職業の選択肢がないからである。

子供のころに読んだアナログの本、プリントされた写真がいつまでも記憶に残るのは、デジタルとは別の力を持つ証拠である。

アラブの世界は復讐によって成り立っている。

人間というのは大惨事が目の前で起こるまで何もしない、ということだ。

話す表情や目つき、しぐさも含めてコミュニケーションである。

イスラム教の教義で一つ、どうしても受け入れ難いものがある。「改宗できないこと」だ。

自由の価値というのは、われわれが考える以上に重い。

自爆テロを思想で自ら進んで行う人間はまずいない。

ジャーナリズムは権力を監視する。

アナログこそ最高のリスク管理なのだ。

「何でそんな危険な所に行くのか」と尋ねられることがある。「仕事」であると答えると同時に、なぜ「そこが危険なのか」を知ったのだろうか、と問いたくなる。それは、ジャーナリストが伝えたからに他ならない。・・・・・地べたを這ってこそ情報の意味と価値がある。

2022年8月11日 (木)

福田宏年『時刻表地図から消えた町』集英社文庫

柳宗悦がこの胸房を訪れた時、中村さんの作品よりも、庭先に放置してある父親の焼いた土管や甕の方に感心したと、中村さんが苦笑いしながら語っていた。

 

2022年8月 2日 (火)

高橋昌一郎『愛の論理学』角川新書

最近は、すぐに応用できる分野ばかりが重視されて、・・・・・

哺乳類の大多数は、子育て中の母親が通常の倍以上「凶暴」になるという調査結果があるんだよ、人間の母親も含めてね。

モハメッドは、神憑りのトランス状態で、神の「お告げ」をそのまま喋ったというのだから、その言葉を書き留めた『コーラン』は、『聖書』とは言葉の重みが違うとみなされているわけだ。

「ドミノ理論」は、たくさんある仮定の中から、自分の理論に都合のよい仮定を選び、次にたくさんある仮定の中から、再び自分の理論に都合のよい仮定を重ねていって、最終的に極端な結論に導くという論法ですからね。

「ダウン症候群」の新生児は、染色体異常によって知的障害を持ちますが、それが軽度なものか重度なものかは、生まれたばかりの時点ではわかりません。

今から二十億年もすれば、私たちの銀河系は、隣のアンドロメダ星雲の銀河M31と衝突して、融合した一個の楕円銀河になると考えられていてね。

 

井上栄『感染症 広がり方と防ぎ方 増補版』中公新書

SARSは重症な肺炎で、・・・・・

SARSは、香港の団地で予想もしなかった経路で広がった。

外国へ行ったら、犬を手でなでようとしてはならない。

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖をおさえる薬である。

HIVの伝播経路に介入できるのはコンドームしかない。

2022年6月21日 (火)

亀井卓也『5Gビジネス』日経文庫

「FOMA」は、3Gの商用サービスとしては「世界初」の快挙でした。

「1G」は音声通話、「2G」はメールやウェブ、「3G」はプラットフォームとサービス、「4G」は大容量コンテンツ・・・・・

あらゆるサービスで認証が行われ、生活環境に認証という機能が溶け込んでいくということも、5G時代の重要な変化といえるでしょう。

 

帝国データバンク情報部『コロナ倒産の真相』日経プレミアムシリーズ

例えばゼロ・ゼロ融資と呼ばれる実質無利子・無担保の融資があります。

経営のカリスマは裏を返せばワンマンという側面もあり、・・・・・

会社のブランドが切り売りされたレナウンとは・・・・・

夏のTシャツよりも、冬のコートの方が単価は高く利益も上がりやすいのです。

飲食店は、小規模な店舗であれば開店のために必要な資格は1日の講習で取得できる「食品衛生責任者」くらいで、資金さえ準備できれば手軽に簡単に事業を始めることができます。

毎日の売り上げで何とか経営を維持している半ば自転車操業の店も一定数存在するでしょう。

2022年6月 9日 (木)

川合章子『あらすじでわかる中国古典「超」入門』講談社+α新書

孔子の考えを最も示すキーワードが「仁」と「正名(名を正す)」といえるでしょう。

荀子の説は、長く異端として扱われていました。それというの荀子の思想が、儒家よりもむしろ法家に近いものだったからです。

徹底的な法の優越性を説く『韓非子』を書いた韓非など、・・・・・

中国の農村から発生した民間宗教の「道教」が、・・・・・

老子は、中国で最初に「無」を発見した哲学者だといわれています。

法家の思想をもとに、中国を統一して乱世を終わらせた秦の始皇帝。

阿倍仲麻呂は生きて北ベトナムに漂着し、・・・・・

2022年5月16日 (月)

伊藤亜紗編『「利他」とは何か』集英社新書

贈与には、相手に負債の感覚を植えつけ、支配することにつながる残酷な面があります。

やさしさからつい先回りしてしまうのは、その人を信じていないことの裏返しだともいえます。

仏教の根本は、「アートマン」の否定です。

柳宗悦にとって、人間の争いを食い止めるものが美でした。

 

2021年11月30日 (火)

神里達博『リスクの正体ー不安の時代を生き抜くために』岩波新書

「生命」の定義にもよるが、ウイルスは生き物とはいえない。なぜなら、自力で生きていくための「細胞」を持たないからだ。そのためウイルスは、常に他の「一人前の生き物」に、どっぷり頼って暮らす。

極論すれば、全ての社会活動を停止し、人の動きを止めれば、ウイルスは次の宿主が得られず、自然消滅するだろう。

また長期的に見れば、死亡率の高い感染症は長続きしない。

言うまでもなく、OPECは石油の価格維持のためのカルテルだ。

ディープラーニングが従来と比べて優れている点は、大量のデータを学ぶことで、自力で「特徴ある何か」の存在を見つけることができる点だ。

ビットコインは、その総量が設計上、定められている。

テロは、心理的なダメージこそが本質的である。

フランスの批評家ロラン・バルトが主張したように、今やテクストの解釈は作者に独占されるものではないから、・・・・・

2021年1月16日 (土)

宮崎哲弥編著『人権を疑え!』洋泉社

死刑は確かに犯罪抑止力になっているのだ、釣り合わないほど重い場合には。こんなゴミのような奴らを殺して自分が死刑になってはバカらしいと、日垣は思いとどまったのである。

それならば、これは危険なケモノとして、監禁するか、射殺しなければならない。殺人者をヒトとみなすか、人間とみなすか、二者択一でなければならない。・・・・・人間でなければどういう扱いを受けるか、子どもにしっかり教えてやることが必要である。・・・・・この少年は人間になりそこねたために、人間世界のことがまったくわかっていないのである。

 

より以前の記事一覧

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック