フォト
無料ブログはココログ

amazon

ビジネススキル

2018年11月26日 (月)

ナンシー・デュアルテ『ザ・プレゼンテーション 人を動かすストーリーテリングの技法』ダイヤモンド社

プレゼンテーションの目的は変化を起こすこと。

プレゼンテーションの締めくくりに、ザンダーは、自分の仕事は人々の中に眠る可能性を目覚めさせることだ、このことに気づいて人生が変わったと話します。「では、それがうまくいったかどうか、どうすればわかるでしょう? 相手の目を見つめるのです。相手の目が輝いていたら、うまくいったことがわかります」。

プレゼンテーションの準備をする際は、聴衆をひとかたまりの集団とは考えず、あなたと1対1で会話をするのを待っている個人の集まりだと考えてください。聴衆ひとりひとりが「このプレゼンターは自分と個別に接してくれている」と感じられるように。・・・・・一案として、聴衆の中でも特に聴いてほしい人に的を絞り、その人との1対1の会話のようにメッセージを組み立てるのもいいでしょう。

気をつけないといけないのは、あなたに対する第一印象の一部は、あなたが登場する前からすでにできあがっているということ。

人が一度に処理できるメッセージはひとつだけです。聴衆はあなたの話を聴くか、スライドを読むかのどちらかです。両方はできないのです。

リハーサルのうえにリハーサルを重ねましょう。そして本番が終わったら、まわりにフィードバックを求めてください。

大森信『掃除と経営 歴史と理論から「効用」を読み解く』光文社新書

本来の仕事でないものにこそ、その企業や人間の本質が顕著に表れることが少なくない。

米国型の経営理論や手法には、事前合理性、目的志向性、効率性を重視するという特徴がある。事前に目的を明確にして、それを可能な限り効率的に追求することが合理的とする理論や手法である。

どんなに才能があっても、傲慢な人は人を幸せにすることができません。

自分が謙虚になると、自分と接する周囲の人々の反応も自然に変わってきます。いままで挨拶もしなかったような人が、挨拶をしてくださるようになります。

ウェーバーは、商売熱心な地域でなく、宗教熱心な地域から近代資本主義が始まったことを指摘した。

ウェーバーは近代資本主義という合理性の塊のようなシステムが、プロテスタントという宗教が盛んな国、すなわち宗教という何とも合理的とは呼べないものを熱心に信じる国から発生してきたことに注目していた。つまり、合理的な資本主義の成立には、非合理的ともいえるような宗教の教えに基づいた献身的な職業労働が不可欠であったことの指摘だった。

ハイエクは、特に社会主義の計画経済の崩壊が、人間の合理性、特に少数の特定者の計画に過度に依存していたこと、すなわち事前合理性や目的性に偏重した「致命的な思いあがり」に原因があったことを繰り返し指摘する。

2018年11月 1日 (木)

唐津一『かけひきの科学 情報をいかに使うか』PHP新書

みんなが、どのようにいえばよいか口をモグモグさせているときに、ズバリとその本質を説明してくれる人がいる。それが天才である。

あることが起きていても、そのことについての情報を手に入れるまでは、そのことがなかったのと同じ状態にあるということだ。いい換えれば、情報とは、それが到着、あるいはそれを入手したとたん、環境を一変させる力をもつ。

じつは情報量というものは、私たちの「予測」をどのくらい変えるのかという点ではかることが大切なのである。

ある映画監督は、画面は同じでも、ナレーションひとつで観客の印象を大きく変えることができるといった。

「君にだけ聞いているのだ」という態度で接すると、相手は熱心に調べて報告する。

私の話はわかりやすいといわれる。・・・・・もしわかりやすいと感じてもらえるなら、それはかならず最後にまとめを行うからだろう。「今日はこういう話をした」「ここのところが大事です」という話をすると、視聴者はもうわかったような気がするのである。

単に「利益を上げよう」では、何をやるべきなのかが曖昧になる。・・・・・評価の尺度を明確化することが何よりも必要なことなのだ。

アメリカは現実主義的で、情勢が変われば一八〇度態度を変えることができる国だともいえる。

人間は本能的に憶病であり、危険を過大に見積もる。

動機の不純なものはかならず失敗するということだ。

土地の価格は交通手段で決まる。

ギリシャ語で舵をとる人という意味のキベルネティクスという言葉から、「サイバネティクス」と名づけられた。

物事はすべて数値化できる。

戦略というものの本質をよくつかむ必要がある。それは、つねに人が相手だということである。

経営とは結果であって、理屈ではないのである。

2018年10月29日 (月)

二宮清純『勝者の思考法』PHP新書

大のおとなに、何人もの指導者が寄ってたかって「指導」もヘチマもあったものではない。相手はあくまでプロの選手なのである。バッティングにしろピッチングにしろ、「教える」などということが通じるものだろうか。

監督やコーチにとって必要な熱心さは、教えることではなく、助けることである。

悩んだときに選手が相談に来る。そのときどきに応じて、的確なアドバイスを行うことができるか。「心の杖」ともいえる役割を、指導者は課せられているのだ。

コーチとは「人を教える」専門職であって、上司ではない。

選手交代は常に先にカードを切るのが鉄則です。

ラグビーで一番大切なのは、残り十分から十五分の間ですから・・・

監督もコーチも、選手を育てることはできない。活躍の場を与えることで、選手自身が成長するのだ。

2018年10月18日 (木)

野口悠紀雄『知の進化論 百科全書・グーグル・人工知能』朝日新書

ラテン語とは古代ローマ帝国の言葉であり、・・・

キリスト教会の中でラテン語がいかに重要かは、・・・

「ボラティリティ」と言っているものは、統計学で「分散」と言っているもの

中世ヨーロッパの医学部がペストの脅威に対して無力であったように、・・・

「キュレイション」というのは、「いま世の中で話題になっている事はこれ」というように、情報をレコメンドしてくれるサービスです。

「パタン認識」とは、画像や音声などの情報の中から、意味を持つ内容を選別して取り出すことです。

知識は、最も価値が高い消費税になりうると思います。

2018年9月20日 (木)

高杉尚孝『問題解決のセオリー 論理的思考・分析からシナリオプランニングまで』日本経済新聞社

特に問題の発見と課題設定の手続きは重要です。・・・・・課題の設定いかんによって、分析領域自体が限定されることに加え、解決策の幅も決まってきます。

問題とは解決の求められる課題である。

IRRは、まずは、あくまでも“内部”収益率ですので、資金調達コストとの比較を要するという点に気をつけることが大切です。

主張をしたら論拠を述べるのが論理的であることの基本。

2018年3月25日 (日)

リチャード・テンプラー『できる人の仕事のしかた』Discover

自分の努力を見せないこと。努力を周りの人に見せてはいけない。

控えめに約束する。約束よりもいい結果を出す。

個人的な問題を抱えているのは自分だけではない。

偽物の笑いはすぐにばれてしまう。

体にぴったりしたものは絶対に身に着けない。

署名はいつも大きく書くようにしよう。

ページの頭と終わりが同じ見た目でなければならない。

問題の人物のいいところを、本気で認めることが大切だ。

カッとくるような状況でも平静を失わずにいるには、いったいどうしたらいいのだろう。それは簡単だ。ただ天に目を向けるだけでいい。

2018年2月19日 (月)

豊福公平『❝交渉の神様❞が教えてくれた5つの法則 すごい交渉術』SBC Creative

「相手の立場に立ってものを考える」・・・・・これこそが交渉における基本中の基本だったのです。

相手が今、どんな気分かを見極める。

事前に相手のルールを調べて、・・・

相手を操作しようとするな、ありのままの自分でいろ

普段からできないことは、どんな状況でもできない。

2018年2月 5日 (月)

山口周『外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」』光文社新書

作業工程は期日が設定されて初めて設計することができます。

「問い」で指示を出された方がはるかに何をやればいいのかが明確にイメージできる。

異なる見解がぶつかり合うことで初めて知性は進化する。

アップルのような会社は日本から出てきていません。しかし、同様にイギリスからもフランスからもドイツからも出てきていないのです。

コミットメントを得るには、「説得」ではなく、「納得」が必要になります。

チェ・ゲバラはプラトンが示す理想国家を知っていたからこそ「なぜキューバの状況はこんなにも悲惨なのか」という問いを持つことができました。

米国で電気椅子という奇怪な死刑方法が定着したのは、ウェスチングハウスを潰そうと考えて交流の危険性を世の中に知らしめようとしたエジソンのロビー活動による。

2017年10月 6日 (金)

船川淳志『ロジカルリスニング 「論理思考」と「聞く技術」の統合スキル』ダイヤモンド社

「いまどきの若者は」というセリフは、紀元前2000年頃のエジプトのパピルス草にも書かれていたほど繰り返されているようだ。

「話せばわかる」と思い込むのも、「人の意のままに動かす」なんて考えるのも、人間の驕り以外の何ものでもない。

コミュニケーションは発言者の意図ではなく、受け手が決めるという意味だ。

私は「つもり」ということを極力言わないように心がけてきた。

クリティカル思考が強い人からは「そもそも」「本来」「まず」ということばがよく出てくる。

トートロジーとは恒真命題と訳される。文字通りはずれのない命題のことだ。「明日は雨が降るかもしれないが、降らないかもしれない」と言えばはずれがない。

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック