フォト
無料ブログはココログ

amazon

経営学総論

2016年6月27日 (月)

清水勝彦『経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由』日経BP社

突き詰めていけば、ビジネスの原点とは、自分(たち)の夢に対して社員や顧客、あるいは投資家をどう巻き込むかという一点に尽きます。

あのフロイトも自分自身を知ることから始めたのです。

専門家であるということは、自分の限界を知っていることだと思います。つまり、専門家であるということは、自分は何ができるけれど何ができないということ、を非常にはっきり言える人のことです。

グローバル化での「自信」とは「いかなる対人関係においても自然にふるまえる」ことなのです。

従来の教育には『教』はあっても『育』がない

「聞く」ではなく「聴く」という感じを河合氏がわざと使っているのは、おそらく英語でhearとlistenの違いのように、単に耳に入るのではなく、よく理解する必要があるということを示唆されているのだと思います。

アイデンティティがはっきりしている人ほど国際化に対応できる(カルロス・ゴーン)。

多くのCEOは「業績が良かったのは自分のおかげ、悪かったのは環境のせい」にするバイアスがあるという有名な研究もあります。

GEでは部長は目標を達成してもそれだけでは評価されません。・・・・・「私がこういう作戦を立て、このようにして業績をあげました」ということが、きちんと言えなくてはならないのです。

優れた技術力を持ちながら業績が上がらない日本企業の多くは、「選択と集中」という言葉の中で、「強みにこだわる」一方、「強みを活かす」ための努力、例えば補完的な資源や能力の開発を怠ってしまったのではないかと思われてなりません。

Businessweekでは、マッキンゼー出身のGMが多くのアナリストたちとともにヒューストン・アストロズを立て直しているという記事が特集されています。

人間の最大の悪、それは「鈍感」である(トルストイ)。

ほめられているうちは半人前と自覚せよ

素振りで大切なのは回数ではない、正しい素振りをしているかである。

その努力は正しい努力か

企業が取り組んでいる問題が、本当に正しい問題か

ハーバード大学のクリステンセン教授も指摘するように、全体を捨て去るのではなく、何は正しくて何はそうでないか、どのような時は正しくどのような時はそうでないかといったコンティンジェンシー的な考え方も重要です。

ミシガン大学の社会心理学の大家、カール・ウァイクがよく引用する、ハンガリー軍がアルプスで遭難したときの話

以前サムスンの取締役を調べたことがありましたが、全員男性、しかも7割くらいはSeoul National Universityの卒業生でした。

日本の経営者・幹部にも考えてほしい質問です。

  1. もしあなたの会社がなくなったら、だれが困るか?それはなぜか?
  2. 同じく、一番困る顧客はだれか?それはなぜか?
  3. どれくらいの時間であなたの会社の代わりとなる企業が現れるだろうか?

経営戦略で大切なのは、その精緻華麗さではなく、どれだけ共有できているかです。

「芸術とは、(見たり、読んだりする人に)『そうそう、それが言いたかったんだ』と思わせること」と言ったのはトルストイですが、・・・

家柄や育ちは侮れない

「家柄のいいボンボン」のほうが何事においても余裕がある、少なくともそのように見えることも確かではないでしょうか。

要は、家柄や育ちという「環境」がもたらす間接的な効用はバカにできないということです。

2016年6月26日 (日)

楠木健『「好き嫌い」と才能』東洋経済新報社

実は、僕の研究の土台はマルクス経済学だからね。(米倉)

スタンフォードでもハーバードでも、「米国のビジネススクールはすごい」とみんなは評価するけれど、本当にすごいのは、そこにある学問的蓄積や世界最高峰の資料ですよ。

加護野「先生は授業でいろんなことを言うけれど、それが正しいことをどうやって証明するのか」。バウアー「筋がいいと思う経営者に話してみて、相手が『I see』と言ったらそれが正しい」

「経営学の知識は、経営者が実践できるだけの説得力を持った知識であるべきであり、『わかった。これでいこう』と思わせる力を持っていなければならない。『よし、それでいこう』という気持ちを起こさせないといけない」

2016年5月11日 (水)

吉田和夫『ドイツ経営経済学』森山書店

企業は 危険負担者としての企業者から独立し、完成された有機体

決定はまさに管理である。

生産能力拡大効果については、いわゆる「ローマン・ルフチ効果」として、余りにも有名である。

ニックリッシュがベルリンを、シュマーレンバッハがケルンを、シュミットがフランクフルトをそれぞれ牙城にして、・・・

2015年5月 7日 (木)

加納良一編『企業経営の理論と実践』学文社

企業ドメインとは、現在から将来にわたって自社の事業が展開する領域を決めることであり、事業領域とも呼ばれる。この決定により、企業は市場で競争する土俵を決めることになり、また自社の経営資源を展開する範囲を決定することにもなる。

PPMの問題点

  1. 経営資源の蓄積などの質的な評価が困難なことである。PPMにより撤退すべき事業であっても、全社の他の事業の競争力の源泉となる技術やノウハウなどの経営資源を蓄積することに貢献している場合もある。・・・・・単独の事業としては負け犬でも、他の事業とのシナジー効果を期待できる場合もある。
  2. 会社全体としてのビジョンが不明確だという点である。PPMは、個々の事業についての今後の方向性を示すことができても、会社全体として将来どのような方向に向かい、どのような事業を展開する可能性があるのかを示すことはできない。

2015年4月26日 (日)

伊丹敬之『経営を見る眼 日々の仕事の意味を知るための経営入門』東洋経済新報社

社長のレベルでの全社の戦略を、企業戦略と呼ぶ。

事業戦略の焦点はその事業での競争にあるので、競争戦略と呼ぶこともある。

企業戦略は事業間の資源配分がカギ、事業戦略は市場対応行動のプランがカギとなる。

競争優位の戦略は、しばしば戦略の焦点(たとえばターゲット市場)の絞り込みと資源の集中を必要とする。・・・ただし、絞り込みには「狭さ」の限界がつきまとう。・・・・・「一兎を徹底して追うものは結果的には二兎を得る」というのが、多くの成功した戦略のパターンになっている。

一つの技術への資源集中によって、さまざまな事業での製品差別化の武器の源泉を手に入れるという効率的な武器のつくり方もある。シャープの液晶技術への集中がその好例である。

2015年4月25日 (土)

山根節『MBAエグゼクティブズ 戦略、マネジメント・コントロール、会計の総合力』中央経済社

日本の社長は❝代表取締役担当者❞

経営の本質は総合である。英語で❝synthesis❞という。

経営戦略とは、経営理念を実現するためにデザインされた環境との関わり方に関する長期的な基本設計図

マネジメント・コントロールとは、その実行システムとプロセスを設計し、それをリードすること。

日本人は近世以降、価値観を180度転換させた歴史を2回も持っている。それは明治維新と第2次世界大戦の敗北である。

セブンSモデル(マッキンゼーの7S)

新浪

2015年3月27日 (金)

原田勉『社会対応経営論としての経営学』TTS新書

事物に価格が付与されているということには、一方の商品を提供する企業は商品に対して利潤を含ませており、他方の顧客である消費者には商品を購入するための所得が存在する、という両当事者についての経済上の暗黙の前提が設定されている。

企業がこの点に着目して消費者を問題にすれば、消費者が商品を入手したいという単なる純粋な欲望を企業は相手にするのではなく、消費者が商品を購入できる所得に支えられた欲望すなわち需要(石原武政『マーケティング競争の構造』p50)に対して最大の関心を寄せるのである。

その需要が予測されなければ企業は決して商品を提供しようとはせず、また逆に所得に裏づけられた消費者の強い需要が察知されることになれば企業の商品生産活動は旺盛になっていく。企業の主たる関心は、人が何を欲しているかという欲望ではなく、買い手が持つ所得に裏づけられた欲望の需要なのであって、企業は買い手の欲望と同時に買い手の購買力にも注目していることを知る必要がある。

2014年12月13日 (土)

酒井穣『よい未来をつくる理論と実践 幸せの経営学』JMAM

幸運とは、準備が機会に出会うことである(オプラ・ウィンフリー)。

経営学とは、科学的な視点から事業の状況を測定し(テイラー)、経営者の視点から測定された状況を分割管理する(ファイヨール)、実学(フォード)。

イノベーションは「顧客の声」からは生まれにくい。

相互に特許の使用を許可し合う「クロス・ライセンス契約」

広く好かれれば好かれるほど、深く好かれないものだ(スタンダール)。

この言葉を使い始めたのは、カトリック教会の布教聖省である「プロパガンダ大学」

セブンヒッツ理論

ディドロ効果

すべての問題の原因は、必ず過去にある。

スイート・スポット

チャンドラー・・・組織は戦略に従う

アンゾフ・・・戦略は組織に従う

この世の問題は、ほとんどすべて「ヒト」に起因しています。

2014年11月13日 (木)

竹内毅『経営学批判序説』晃洋書房

この国には実務を知らない学者と勉強の嫌いな経営者・管理者が同乗する船がない。

「忙しくて勉強する暇がない」というが、勉強は暇にするものではない。

バーナードの根底には、『過程と実在』のホワイトヘッドの哲学があった。

ホワイトヘッドの思想は、わが西田幾太郎のそれに共通するところが多いが、実践を世界の論理に還元する性格を有する西田を追求している経営学者があるのか、私は故山本安次郎教授以外の人を知らない。

私達は病を得てはじめて、三度の食事の生命における意味を知るように、失敗しなければ経営が何であるかを深く考えようともしない。

外から見ると既成の経営学は自身の池の中でしか泳いでいないように見える。

フッサールがかって述べた「理念の衣」「事実の学」

経営は人なり

経営は世界の内なる存在である。

経営はまさに慣性系の相対性の中にある。

先の大戦のことを知る人は少なくなったが、実態を隠した愛国心を叩き込まれ、熱狂的に「米英打倒」を叫んだ往時の事態は、非本来性の頽落が道具化された典型であった。これは実存に付着する一つの危険性であって、現在においても潜在している。

ハイデガーはそのような決意を「死の先駆的決意」と称し、現存在は死の決意においてはじめて頽落を脱して存在可能になるという。それは世人の誰にも誤魔化されない決意でなければならない。

死を待つのではなく先取りすべきものであるという生き方

2014年8月24日 (日)

フリーク・ヴァーミューレン『ヤバい経営学』東洋経済新報社

昔のヤブ医者は「血を出すこと」によってすべての病気を治せると言った。

企業買収で買う側の企業は損をすることが研究でわかっているのに、・・・

「他の人たちがやっている」という単純な事実は、私たちの意思決定や行動に大きく影響している。

多くの場合、経営者がやろうとすることは、競合他社がやっていることと同じことなのだ。

集団慣性

数字ばかりに目を向けていると、重要だが数値化できない視点が抜け落ちてしまう。

問題の本当の原因は見つけ出すのが難しいところにあるのに、・・・

目で見て測ることができる、明らかなものだけに惑わされてはいけない。

より良いアイディアとは、どこからともなくやって来るのだ。

イカロスのパラドックス

ギリシア人は、自分たちの神話については容赦がない。

時間短縮の不経済

ほとんどの買収は失敗に終わる、間違いなくそうなのだ。

関係があることと、因果関係があることは異なる。

ISO9000は標準からの逸脱を許さない。

パテントシャーク

ブロックバスター

社員は去る。去った後は顧客企業に移ってもらおう。それがマッキンゼー方式だ。

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック