フォト
無料ブログはココログ

amazon

歴史

2020年8月15日 (土)

エルンスト・H・ゴンブリッチ『若い読者のための世界史ー原始から現代までー 上』中公文庫

エジプトの王がファラオとよばれていることも、・・・・・

ハンムラビのきびしく公正な掟の多くは、聖書のなかにもつたえっられているのだ。

おそらくきみは、孔子はただあたりまえのことをいったにすぎないと思うだろう。彼がのぞんだのは、まさにそれなのだ。

中国は、何千年にもわたって、貴族でも武人でも聖職者でもなく、学者が政治を行なってきた世界でただひとつの国なのである。

このアラビア文字は、・・・・・桁という、まったく新しい考え方をもたらしたのだ。

2020年8月 6日 (木)

文藝春秋編『世界史の新常識』文春新書

古代ギリシア人は統一国家を作ることはなく、ポリスと呼ばれる多数の都市国家に分かれていた。

日本における仏教の代表的大宗派は浄土真宗と日蓮宗である。

この禅宗が欧米の哲学者たちに重要視されていることは、日本でもよく知られている。

阿含経典は、小乗仏教の経典であり、大乗仏教である日本仏教では一段低いものとして軽視されてきた。

ローマの文明とは、都市生活であり、都市生活を支えた上下水道や公共浴場などのインフラであり、貨幣経済であり、高度な識字率などであるが、・・・

文明というものは、常に少数の支配者層のものであった。

ムハンマドだけは信仰や社会や政治が一体となった共同体(ウンマ)の最高指導者でもあったからだ。

現在の世界史は、農耕地帯を中心に組み立てられている。

「モナリザ」などはダ・ヴィンチ本人が隠していて、自分でフランスに運んで、死後にフランソワ一世に渡っていますから、国王はかごく僅かな人しか見ていない。

ラファエロは自分の作品を版画にしていいという許可を与えて、・・・

1950年代以降、インドは、世界市場から撤退し、「閉鎖体系」に移行したのである。

アメリカの真の歴史を振り返れば、民主党が人種差別政党であることは歴然としている。

外国との交易が盛んな国ほど経済が発展しますから、・・・

江戸幕府が鎖国している間に、ヨーロッパで産業革命とネイション・ステイト(国民国家)の形成という人類最高のイノベーションが二つも起こってしまったことです。

大旅行家の活躍には、パクス・モンゴリア(モンゴル帝国による平和)やパクス・ブリタニカといったインフラが大きく寄与していたのです。

ペルシア、ローマ、唐、イスラム、モンゴルなど繁栄した大帝国に共通するのは、実はその統治が寛容なものだったということです。

 

2020年1月30日 (木)

磯田道史『天災から日本史を読みなおす 先人に学ぶ防災』中公新書

若狭湾は「原発銀座」とよばれ、原子力発電所が多い。

上杉景虎(謙信)は美少年と酒を呑むのが好きであったと・・・・・

地震後、せっかく明との講和がまとまりかけたのに朝鮮に再出兵するといいだした秀吉に人々はあきれた。

津波から逃げる時は、勇気をふるって、声を出しながら逃げるようにしたいものである。

現在、はっきり被害が想定されているもので、日本最大の危機はこの南海トラフの連動地震である。

明治日本の科学者は対応が早い。

土砂崩れには、しばしば前兆がある。・・・・・地鳴りや異臭を察知しなくてはいけない。察知したら、逃げる。

低気圧は海を吸い上げて潮位を上昇させる。

幕末、佐賀藩が日本最高の科学技術国となり、最強の軍事力をもつにいたったのは、・・・・・

西洋への自爆攻撃を組織的に準備した最古の歴史的事例は、佐賀藩・福岡藩の可能性がある。

一番の教訓は「津波の時に金品にこだわってはいけない」であった。

水門は重要ですが、あくまでも時間稼ぎと思ってください。

 

2019年10月 2日 (水)

出口治明『リーダーは歴史観をみがけ 時代を見とおす読書術』中公新書ラクレ

司馬さんの持ち味は、展開のおもしろさのために都合のいいエピソードをうまくピックアップしてみせるところで、歴史本来の事実関係とは別のものになっています。

歴史を見る場合、基本となるのは次の2つ。ブローデルも指摘している気候と、そして交易です。

交易とは、たんにモノが動くだけではなく、人が動くことで病原菌も一緒に移動する。

ネーションステートが完成したのは、ヨーロッパの「1848年革命」というのが、今日の多くの学者の見解です。

日付の特定できる最古の印刷物は中国の敦煌で発見された金剛経(868年)だった。

ダンテの「神曲」は、トレードの工房で翻訳されたムハンマドの天国と地獄への旅を扱ったイスラームの物語「階梯の書」から多大のインスピレーションを得ている、と言われている。

4000年前に書かれた「ギルガメシュ叙事詩」に登場するレバノンスギ。

岩倉使節団が最も感銘を受けたのは、ドイツ帝国宰相ビスマルクとの会見だったと言われている。

タカラガイは均一性、希少性、持続性という現代のビットコインと共通する性格を有し、・・・

フランス料理はバクダードの宮廷料理から始まったといわれている・・・

イスラム法は行為規範であって、義務、推奨、中立・許容、忌避、禁止という5つの範疇がある。

物事を論じる時には、まず、言葉の定義を明確にしなければならない。

ナショナリズムとは劣等感と不義の関係を結んだ祖国愛である。

ブローデルは間違っていると断言し、ホイジンガの先駆性を評価する。ブルクハルトとホイジンガが過去200年間で最も優れた歴史家なのだ。

自分が生まれる前のことについて無知でいることは、ずっと子供のままでいることだ。

2019年9月16日 (月)

ダロン・アセモグル&ジェイムズ・A・ロビンソン『国家はなぜ衰退するのか 権力・繁栄・貧困の起源 上』早川書房

ある国が貧しいか裕福かを決めるのに重要な役割を果たすのは経済制度だが、国がどんな経済制度を持つかを決めるのは政治と政治制度だということだ。

病気の原因の大部分は、貧困および、病気の根絶に必要な公衆衛生対策をとれない、あるいはとる気のない政府にある。

マックス・ウェーバーのプロテスタントの倫理はどうだろうか。オランダやイングランドのようにプロテスタントを主とする国家が、近代において最初の経済的成功を収めたことは事実かもしれない。だが、宗教と経済的成功にはほとんど関係がない。カトリックを主とする国家のフランスは、十九世紀にオランダ人やイングランド人の経済的成果をあっというまに模倣したし、こんにちのイタリアはこれらの国に劣らず反映している。

この植民地帝国がまたしても、中東諸国の可能性をつぶしたのだ。独立後、それらの国はかつての植民地世界の多くと同じ道をたどった。階層的で独裁的な政治体制を築いてしまったのだ。

多くの職人が抵抗運動を組織し、暴動を起こし、機械を自分たちの生活の悪化の元凶と見なして破壊した。彼らこそあのラッダイトだった。

ペストがイタリアのフィレンツェに到達した際の様子をじかに目にしたのが、ボッカッチョだ。

 

2019年9月11日 (水)

若桑みどり『フィレンツェ 世界の都市の物語』文春文庫

フィレンツェは、為替や複式簿記などを発明した先進的商業都市であったことからもわかるように、・・・・・

デカメロンは、・・・・・偽善的なキリスト教的禁欲の制度に反逆したものであり、とりわけ際立つのはこの当時理性的存在としてはみなされいなかった女性たちの、恋における、いかにも雄々しい情熱的ないきざまが賛美されていることである。

ボッカッチョの語る物語の根底には、常に生命の短さ、死の甘美さが顔を出しているようにみえる。

マキャヴェッリは『君主論』のなかで、暴君の悪政を倒すには暗殺は効果的な方法だと言ったあとで、・・・・・

ダンテも、『神曲』のなかで、堕落した教皇庁を『老いたる娼婦』とまで呼んで痛罵しているが、・・・・・

『君主論』で、いつでも裏切りや寝返りを辞さない金目当ての傭兵を否定し、戦争にあたっては、「ダヴィデ」のような人物が必要だと述べている。

出口治明『仕事に効く教養としての「世界史」』祥伝社

僕のような外交官にとっては地理と歴史は不可欠だ(キッシンジャー)。

武則天が君臨する直前に、新羅でも二代続けて女性の王様が生まれています。

仏教とは、ブッダの教えだけではなくて、お寺をつくるとか、仏像をつくるとか、一つの最新の技術体系です。

封建制は自分の信頼する子分を地方に送り、税金さえ送ればあとは何をしてもいい、すべて任せるというシステムです。

天才始皇帝によって完成された文書行政による中央集権システム・・・・・

仏教の教えは輪廻の思想が根本にあります。

後にナチスは、この神聖ローマ帝国を第一帝国、ビスマルクが創ったドイツ帝国を第二帝国と意識して、ヒトラーの帝国を第三帝国と呼ぶようになったのです。

商売は、昔から陸路よりも海路のほうが簡単です。

人類の交易は、海を中心に行なわれてきたのです。

ペストにかかって死亡すると皮膚が黒くなるので、黒死病とも呼ばれました。

真の保守主義には、イデオロギーがないのです。観念的な上部構造が持っている世界観と、保守主義は無縁です。人間がやってきたことで、みんなが良しとしていることを大事にして、まずいことが起こったら直していこう。それが保守の立場です。フランス革命やアメリカ革命はイデオロギー優先です。

アメリカにはどうしても許せない悪い奴は最後は暴力で片をつけるという文化が、残っているような気がします。

英国には、成文の憲法がありません。長い伝統と知恵があったからです。

自分が生まれる前のことについて無知でいることは、ずっと子どものままでいること(キケロ)。

2019年2月 1日 (金)

宮崎市定『中国に学ぶ』中公文庫

歴史は物語りから生れたといわれる。

中国の歴史は、記録から出発したと考えられるからである。・・・・・中国の歴史は、王者の記録から始まったといえるのである。

『春秋三伝』こそは、正しく日本の『古事記』に相当するものである。

大衆こそは最大の傑作を生み出す母胎である。

儒教思想こそは最も中国的な思想であったということができる。

道教は中国発生には違いないが、その最も大切な成長期に仏教の影響を蒙ったため、宗教臭くなりすぎた。

孔子の教育の根本理念たる仁は、読んで字の如く人の道に外ならず、これは明らかに神の道に対立するものである。

孔子の後、孟子は義を説き、孔子の仁と併せて仁義を行なうことを口癖とした。

勉強には自分の本でないと能率が上がらぬものだ。

中国の専門家というのは、現代日本の専門家と違って、専門以外は駄目だというのではなく、あらゆる素地、教養があって、その中でもとりわけ得意とする分野が専門なのである。

偉大な指導者を出すためには、国民に人物を見分ける明察がなければならぬ。現在のわが国にとっていちばん大切な点は、政治界に限らず、何よりも本物かにせ物かを見わけることである。

中国の皇帝政治に理論的根拠を与えたのは儒教である。

儒教の規則は人情を重んずる、という口実の下に、権力者の欲望をあまりにも寛大に認めすぎる傾向がある。

墨子の教えは、この儒教の歪みを訂正しようとして、上に立つ者ほど身を粉にしても働かねばならぬことを唱えた。

中国においてこそ本当の共産主義を樹立したい、というのが毛沢東の念願で、今度の文化大革命も本当のねらいはそこにある。

2019年1月21日 (月)

佐藤優『大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす』NHK出版新書

新自由主義とは、政府による社会保障や再分配を極力排し、企業や個人の自由競争を推進することが最大限の成長と効率のいい富の分配を達成するという経済学的な立場を指します。

そもそもアメリカの建国者たちの多くは非平等的相続システムをもつプロテスタントのイギリス人たちですから、・・・・・

イギリスの国名には民族を示唆する言葉が一つもありません。

アメリカの主力は海軍です。

イギリスは、正式な国名に表れているように、国民国家(ネーション・ステート)ではありません。民族(ネーション)の形成に向かわせず、王に対する忠誠をもとに国家を成立させる「同君連合」という前近代的なシステムを維持してきました。

EU最大の目的は、ナショナリズムの抑制です。

ロシアでは、同じ人物が三回続いて大統領に就任することは憲法で禁止されています。

マルクス主義は、究極的に国家は廃止されると考えます。

「ソビエト社会主義共和国連邦」という名前が示すように、ソ連では、それぞれの主権国家がソ連に加盟する権利と脱退する権利をもっています。

日本がアメリカの植民地をまぬがれた理由には、南北戦争が大いに関係しているからです。

反セム主義・・・・・インド・ヨーロッパ語族であるヨーロッパ人とは違う、セム系言語を話す人たちへの敵意や偏見を助長するような考え方です。セム族には、ユダヤ人だけでなく、アラブ人も含まれます。

茂木誠『ニュースの❝なぜ?❞は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問』SB新書

ヨーロッパが生まれたのは、古代ローマ帝国が崩壊したあとです。

キリスト教とイスラム教は、どちらもユダヤ教から分かれた宗教です。

ユダヤ教とは「親子の縁よりも神様への忠誠心が大事」という宗教なのです。

「カトリック」とは「普遍的」「世界共通の」という意味です。

平和主義は舐められる、というのが世界史の教訓なのです。

経済統合や通貨統合の絶対条件は、同じ価値観をもっていること。そして、経済格差があまりないことです。

サウジアラビアには、憲法も国会も選挙もありません。

「イラクのアルカイダ」が、のちに名前を変えて、ISとなったのです。

シリアも、英・仏の密約で人工的につくられた国です。

アラブの春とは、独裁政権に対する一連の民主化運動のことです。

国をもたない世界最大の少数民族が、クルド人なのです。

ISの敵対勢力といえば、まずはクルド人。そして、シーア派です。

エルドアン大統領の本当のスタンスは、反欧米なのです。

イスラムの世界には国Nationという概念が希薄です。

アラブ人には、国という意識が薄いのです。

FRBはアメリカの国営ではありません。

ベクテル社はアメリカ最大の建設会社(ゼネコン)。

基本的に国家を信用しない。自分の身は自分で守るので福祉もいらない。税金も払いたくないという極端な個人主義、自由主義の思想をもっています。彼らのような立場をリバタニアンといって、・・・・・

最初にアメリカが侵略した国は、メキシコ。

「草の根保守」は政府を信用していませんから、福祉も年金もやめて減税してくれ、老後の面倒は自分で見るという立場です。

中国政府が「靖国はけしからん」と騒ぎ出したのは、江沢民による反日教育が行われるようになってからです。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック