フォト
無料ブログはココログ

amazon

政治

2022年7月 4日 (月)

池上彰『速すぎるニュースをゆっくり解説します』文春文庫

実は、大統領選挙の終盤になると、アメリカ政府は、慣例としてCIAなどの極秘情報を、民主、共和両党の候補者に報告・レクチャーすることになっています。

CIAの担当は海外。アメリカ国内での活動は原則として禁止されています。国内でのスパイ活動ならびにスパイ対策はFBIの役割です。

景気が悪くなると、その国の中央銀行は金利を引き下げます。金利が低くなれば、金融機関からお金を借りやすくなり、・・・・・

ブリュッセルといえば、EU(欧州連合)の本部がある、・・・・・

強固な格納容器を攻撃する必要はなく、電源を喪失させればいいとわかってしまったからです。

アメリカの大統領は、フランスにおける大統領ほど権限があるわけではありませんので、・・・・・

サウジアラビアはアラブ人なのに対してイランはペルシャ人。

アルジャジーラは「半島」という意味。

カタールには中東最大の米軍の空軍基地であるアルウデイド基地があります。

公務員を増やすというのは、ギリシャ危機を思い出さざるをえません。

日銀がETFを買うのは、要するに日経平均株価を上げたいからです。

 

2022年6月 8日 (水)

池上彰『ひとめでわかる図解入り 政治のことよくわからないまま社会人になった人へ【第3版】』海竜社

一番偉いのは、「最高機関」である国会です。

地方自治と国とは、法律上では対等な立場にあります。

現在でも衆議院議員だけを「代議士」と呼ぶのは、・・・・・

出口調査には、期日前投票をした宗教団体の票など組織票の動向が反映されないという傾向が出ています。

首相は、大臣たちのことを短く指す「相」の中のトップという意味です。

アメリカの場合、大統領と副大統領が同じ飛行機に乗ることはありません。ヘリコプターに乗るときも同様で、必ず別々に分けています。

国民にいろいろなことを命令し、押し付けてきた権力者に、我々の権利を守るよう主張するためにできたのが憲法です。

 

2021年12月20日 (月)

池上彰『世界から戦争がなくならない本当の理由』祥伝社新書

与党が改憲を訴える国など、おそらく日本以外にはありません。普通は、政権を握る与党が憲法を守り、野党が改憲を求めるという構図になるでしょう。

タリバンの主体はパシュトゥン人という民族です。

第二次大戦の戦勝国は敗戦国に過大な戦時賠償を求めませんでした。

ソ連が崩壊してウクライナが独立すると、クリミア半島はそのままウクライナになりました。ここに紛争の種があったのです。

ポル・ポト政権の政策は、実に極端なものです。貨幣は廃止され、宗教は禁止。そのため寺院は破壊されました。

 

池上彰『知らないと恥をかく世界の大問題11 グローバリズムのその先』角川新書

イランのハサン・ロウハ二大統領は穏健派なので、・・・・・

アメリカがシェール革命により世界最大の産油国になり、・・・・・

このビンラディン容疑者をかくまっていたのがタリバン政権でした。

ラグビーは、北アイルランドとアイルランドの国民を結びつける唯一のスポーツなのですね。

ハンガリーやポーランドは民主主義の伝統がなく、・・・

ヴィーガンとは「完全菜食主義者」のこと。

 

2021年10月 4日 (月)

宇野重規『民主主義とは何か』講談社現代新書

特定の考え方ばかりが増幅される「エコ・チェンバー」の時代において、・・・・・

ルソーにとって重要なのは主権の所在であり、誰が立法を行うかにありました。

近代の民主主義は議会制中心のものであり、・・・・・

ウェーバーは国家の基礎に物理的暴力を見出します。

フロムによれば、自由は孤独や不安をもたらします。これに耐えられない個人は、無力感に苛まれた結果、むしろ安定をもたらしてくれる権威への従属を選びます。

少数派の権利と意見を尊重することなしに、民主主義もまた存続しえないという原則が確立したのです。

 

2021年1月14日 (木)

松元雅和『平和主義とは何か 政治哲学で考える戦争と平和』中公新書

平和主義とは、暴力ではなく非暴力によって問題解決をはかろうとする姿勢のことである。

思考は、そのままではいわば不透明でぼやけている。哲学はそれを明晰にし、限界をはっきりさせねばならない(ウィトゲンシュタイン)。

戦は経験のない者には甘美だが、体験した者はそれが迫ると心底から恐怖を覚える(ピンダロス)。

「平和的手段」とは、要するに非暴力手段のことである。言葉による問題解決は、いかなる場合であれ腕力による問題解決よりも優先されるべきである。

暴力に対して暴力で応答しないことが、平和主義の真髄である。

ラッセルは、反戦平和運動に生涯を費やしたが、トルストイのような無条件平和主義者ではなかった。なぜなら、戦争の原則的禁止の例外として、ナチス・ドイツとの戦いは必要かつ正当であると考えていたからである。ヒトラーを野放しにすることの巨悪は、非暴力の貫徹を許さないほど圧倒的に大きいものだった。

難事件は悪法をつくる。

暴漢といえども一人の人間であり、その人が悔い改めるかもしない機会を永遠に奪うことは、キリスト教徒にとって罪である。トルストイは、たとえ強盗が自分の子どもに危害を加えようとしているときでさえ、その強盗を殺害することは誤っていると示唆する。

アウグスティヌスは、トルストイと同様、キリスト教の非暴力の教えに従い、私的場面においては暴力手段に訴えることが決して許されないと考える。

ガンジーは、彼が指導したインド独立運動においてはアヒンサー(非暴力)を唱えながらも、私的暴力を必ずしも否定していないからである。

愛国者というのはいつでも、その祖国のために死ぬことを語る。そしてその国のために人殺しをするとは決して言わない(ラッセル)。

『大いなる幻影』を通じて、軍事力を用いて自国の安全や繁栄を実現することなど、実はまったくの「幻影」にすぎないことを訴えた。

西部戦線異状なし・・・・・悪いのはイギリス人かもしれない。だがイギリス人を撃ちたかない。初めて見たんだ。彼らも初めてドイツ人を見たろう。彼らだって戦いたくないんだ。

そもそも本国から遠く離れた南半球の諸島がイギリス領であること自体、植民地時代の遺産であり、・・・・・

戦争プロパガンダ10の法則

ニーバーは、もともとクエーカー系の団体に所属する平和主義者であったが、ヨーロッパでナチス・ドイツが台頭していくなかで立場を転向し、逆に徹底した平和主義批判の側に回った。

何かを選ぶということは、代わりに何かを諦めるということだ。

 

家永三郎『革命思想の先駆者―植木枝盛の人と思想―』岩波新書

植木枝盛くらい自分自身についてくわしい記録を書きのこした人間は珍しいであろう。

異性との交渉は必ずしも単なる私行にとどまらず、人倫の大義にかかわる社会倫理的意味をもつ行為である。その人を全人間的にとらえようとするときには、簡単に除外してしまうわけにはいかない。

人民は先なるものであり、国家は後なるものである。人民が集ってはじめて国ができるのであって、けっして政府によってできたものでもなく、君主によって立つものでもない。

人民は、つねに政治に関心をはらい、政府がその使命からはずれた行動に出ることがないように積極的な対策を講じなければならない。

抵抗権と革命権を公認することは、西洋にあってはきわめて古くからの伝統であって、・・・・・

第二次大戦が世界の民主主義的勢力の団結によるファシズムの敗北に終ったことは、抵抗権の思想をふたたびよみがえらせる好機を提供した。

親鸞の主著『教行信証』は、ほとんど大部分が先聖古哲の述作の引用文を編集しただけのものであり、福沢の主著『学問のすすめ』の重要部分が、ウエイランドの『モーラル・サイエンス』の翻案に過ぎないことは、すでに明らかにされている事実だからである。

 

2021年1月12日 (火)

渡邉恒雄『反ポピュリズム論』新潮新書

私が見る限り、日本の国会議員は小選挙区制度によって相当程度堕落してしまった。そもそも、現行の小選挙区には、例えば東京都の大田区や世田谷区のように、区議選の選挙区よりも小さいところがある。国会議員の選挙区が区議よりも小さいなんて馬鹿な話はない。

当時世界で最も民主主義的な憲法を持ち、言論の自由も保障されワイマール体制下で、ヒトラーが合法的に独裁体制を築いたことを思い起こせば、・・・・・

近衛には、開戦の火蓋を切った東条英機と並ぶ重い戦争責任がある。

ポピュリズムとは、1930年ごろのダビを代表とするフランスの民主主義的運動と書かれている。政治史上、ポピュリズムとは、1890年代の米国で農民、労組を主体として、既成二大政党に反対して第三党として結成された人民党の運動、または、中南米の農鉱業中心の寡占支配に対抗した都市労働者および中間層を糾合した改革政治のことだ。

社会学上、「大衆社会」という語が重要な概念になって来たのは、1930年代、つまりファシズムの興隆によってである。

2020年9月13日 (日)

吉田徹『「野党」論ー何のためにあるのか』ちくま新書

野党とは特定の政党ではなく、民主政治における機能と役割に還元されるものです。

野党とは「存在」というよりも「役割」です。

政治とは、ベストな状態を永遠に模索するプロセスの連鎖であり、・・・・・

大きな流れの中にこうして自民党を置いてみると、自民党がいかに変化をいとわない政党であるかが分かります。

55年体制が終焉するきっかけともなった1992年の佐川急便事件・・・

小選挙区制では結果として二つの政党が優位になります。

ピケティが暗に明らかにしたことは、20世紀後半という時代が、長い人類の歴史の中で、戦争という偶然によって、いかに例外的に平等な社会が実現されたのか、ということでした。

 

2019年12月 8日 (日)

苅部直『丸山眞男ーリベラリストの肖像』岩波新書

いわく西洋近代の愚直な賛美者、いわく大衆から遊離した啓蒙家、いわく国民国家の幻像にしがみつく隠れナショナリスト。右側からは冷戦時代に共産勢力に迎合した学者先生と叩かれ、左側からはラディカルにつき進もうとしない保守性を糾弾される。

宣長は、儒学、とりわけ朱子学の倫理を、理窟によって人の「真心」を束縛しようとする、中国風の「漢意」の所産と見なし、それは支配者が、高邁な理想を掲げ人々を手なずけるためにこしられたものにすぎないと批判した。

絶対の正義は存在しない。しかし人は執念を持つものだ、それによって動くのだ、それがどんなにイリュージョンであっても、イリュージョンの方が現実よりも強い。

「最も意地の悪い」しうちを加えてきたのは、陸軍兵志願者訓練所で徹底した「皇民化」教育をうけて入営した、朝鮮人の一等兵だったと丸山は回想している。

カイヤットの映画の医師のように、たとえ自分では良心をもって接していると思っていても、植民地支配をうけている「現地民」からすれば、しょせん、憎むべき支配者の一員にすぎない。

私はあなたのいうことに賛成派しないが、あなたがそれをいう権利は死んでも擁護しよう(ヴォルテール)。

真の政治理論は必ず性悪説をとる。

宗教信仰までもが、国家や政治党派、あるいは営利団体による操作の対象となっている時代が、丸山の言う「現代」にほかならない。

より以前の記事一覧

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック